中津渓谷⇒七福神巡りをしながら楽しめる美しい渓谷美

中津渓谷

中津渓谷とは

中津渓谷(なかつけいこく)は仁淀川の支流、中津川に広がる景勝地だ。

中津明神山の裾野にあたる。

中津明神山 ⇒ 舗装路が山頂まで続き360度の大展望が楽しめる美しい山

高知市内から車で1時間30分と手軽に自然を楽しむことができる。

ゆの森

名野川の郵便局前から県道363号線に入ると、5分ほどでゆの森に着く。

温泉

ここは温泉宿泊施設があり、日帰り温泉としても楽しむことができる。

何度か温泉を利用したが、きれいでとても気持ちいい場所だ。

アルカリ性単純硫黄冷鉱泉とのこと。露天風呂からの眺めもいい。

中津渓谷の遊歩道

このゆの森の対岸から、中津渓谷に入っていく。

湯の森

入り口には「笑いの里竜神七福神」の看板が立っている。

笑いの里

最大の特徴は、渓谷を散策しながら七福神巡りができることだ。

遊歩道に沿って七福神の石像が据え付けられている。ちょっとしたオリエンテーリング気分で散策でき、チェックポイント代わりにもなる。

七福神

遊歩道はアップダウンはあるが、川を渡ったり岩をくぐったり、ちょっとした冒険気分が味わえる。

遊歩道

もちろん渓谷を流れる水は清冽そのもの。

中津川

自然をたっぷり味わうことができる。

散策

雨竜の滝

最大の見所が、雨竜の滝だ。水量が多く、迫力ある滝のすぐ近くまで行くことができる。

けっこうびしょ濡れになるので、見に行く時には要注意。この撮影はiPhone7plusでしたのだが、iPhoneも防水になったので安心して撮影できた。体はびしょ濡れになったけどね(笑)

帰りの道も楽しい

雨竜の滝からさらに「石柱(いしばしら)」という渓谷まで行くことができる。

ここは川の流れで岩が削られ、まるで柱のように岩がそそり立っている場所だ。吊り橋が架かっているので、橋の上から眺めることができる。水面までとても距離があるので、かなり怖い。

さらに上流に行くと、キャンプ場もある。

夢の森公園キャンプ場⇒よく整備された安心できる場所

帰りは元来た遊歩道を戻ってもいいが、県道を通って帰ることもできる。県道と言っても高知の道路だから、スリルがある。こんなオーバーハングの場所も。

県道

散策で汗をかいたら、ゆの森で一汗流して帰ると良いだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments