長谷渓谷 ⇒ 滝を見ながらシャワークライミングも体験できる(らしい)

長谷渓谷

長谷渓谷とは

長谷渓谷(ながたにけいこく)は、高知県高岡郡佐川町にある渓谷だ。

シャワークライミングを体験できることで知られている。

長谷渓谷に向かう

この日は須崎市の喫茶店でランチ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

食後、車で長谷渓谷に向かった。

佐川町までは快適な道なのだが、そのうちとても細い道になる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

渓谷の入り口が道が広くなっているので、そこに車を停めた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

登山口には、地図看板が立っている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

登山開始

最初はなだらかな道を行く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

とても歩きやすい道だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

「マムシに注意」の看板にビビる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

途中は橋が架かるなど、整備されていて安心だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

こんな洞門もあって、なかなかダイナミックだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

竜王の門というらしい。

階段を上っていく。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

滝に出た。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

滝見台というようだ。

さらに登っていく。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

竜の滝。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

結構な勢いで流れている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

さらに滝が見えてきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

これはかなりの水量がありそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ところがここから先の登山道が水没していた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

前日に大雨が降ったせいだろうか。

行けないことはなさそうだが、靴の替えを持ち合わせていなかったため、断念。

下山

この場所で昼食をとっている人がいた。

尋ねてみると、ここは水没していることが多いそうだ。

その人はさらに上まで行ったことがあるが、今回は写真撮影で来たそうで、ここまでにするとのこと。

我々も、来た道を戻ることにした。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

道中の天満宮に参拝する。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

保育園の脇が参道になっている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

この後、さらに仁淀川で開催されている紙の鯉のぼりを見に行った。

仁淀川橋 ⇒ レトロな銀色の鉄橋には紙の鯉のぼりが泳ぐ

感想

途中の道が悪くて心配したが、意外と楽しいコースだった。

最後は渡渉があり先に進めなくなったが、それでも十分楽しめた。

シャワークライミングも体験できるようなので、一度試してみたい。

Total distance: 2163 m
Max elevation: 0 m
Min elevation: 0 m
Total climbing: 0 m
Total descent: 0 m
Download
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments