安居渓谷⇒仁淀ブルーがまぶしい紅葉の名所で滝巡り

安居渓谷

安居渓谷は仁淀川上流域にある。紅葉の名所として有名だ。

11:50安居渓谷入り口の駐車場に到着。

まずは宝来荘でランチ。

宝来荘⇒仁淀ブルーを眺めながら鮎の塩焼きに舌鼓

12:40散策に出発。

まずは宝来荘から河原に下りる。吊り橋を見上げるとこんな感じ。

この日は11月25日。まだ多少紅葉が残っていた。

川はさすがの美しさ。仁淀ブルーがまぶしい。

以前はここからずっと川に沿って上流に行けたのだが、数年前の洪水で散策道が流され、5mほど途切れてしまった。このため、一度車道まで上がり、再度河原に下りなければならない。ちょっと残念だ。

乙女が原まで来た。ここにはバーベキュー場がある。

川の対岸の飛龍の滝を目指す。

橋を渡って10分くらいだ。

この日は観光客が多かった。いままで10回以上来ているが、こんなに大勢いたのは初めてだ。紅葉も終わっている平日なので、少し驚いた。

もみじ公園。遅すぎて、もみじは見られない(汗;)

さらに上流に。

13:40遊歩道終点の砂防ダムに到着。

ここから車道まで上がる。上がったところが、背龍の滝だ。

さらに車道を進む。

とうろく様。

安産の神様だ。

昇龍の滝を目指し、登山道に入る。

すぐに大釜、小釜への分岐になる。

初めてここに来た時は随分疲れていたのだが、さすがに山歩きにも慣れてあっという間だった。

14:07昇龍の滝に到着。

コーヒーを飲んで、しばしくつろいだ。

Total distance: 6768 m
Max elevation: 631 m
Min elevation: 398 m
Total climbing: 475 m
Total descent: -475 m
Total Time: 02:22:06
Download
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments