鷹羽ヶ森⇒太平洋まで一望。仁淀川から登れる絶景の山は雪化粧

鷹羽ヶ森

鷹羽ヶ森は、いの町の山。

平成の大合併で本川村と伊野町が合併するまでは、伊野町最高峰だった山だ。

鷹羽ヶ森 – たかばがもり:標高919m-中国・四国 – Yamakei Online / 山と溪谷社

高知市と西条市を結ぶ国道194号の仁淀川沿いにある、道の駅「土佐和紙工芸村」から見上げると、山名の由来である大きく広げた鷹の羽を連想させる、ゆったりとした山容が確認できる山。 標高は1000mに満たな …

高知市と西条市を結ぶ国道194号の仁淀川沿いにある、道の駅「土佐和紙工芸村」から見上げると、山名の由来である大きく広げた鷹の羽を連想させる、ゆったりとした山容が確認できる山。
標高は1000mに満たないため、四季を通じて楽しめるが、急登の登山道は手強く、登りごたえがある。山頂からの展望は大展望で楽しい。

合併で伊野町は「いの町」となり最高峰は筒上山になってしまったが、いの町の登山者には今でも人気の山だ。

実はこの山に登る予定だった日に雨が降ったため、急遽横倉山に変更したことがある。

横倉山⇒平家伝説の霊場は仁淀川を見下ろす鎖場が続く

コースタイムが4:30と長めだったためだ。標高こそ低いがほぼ河原から登るため標高差があるのだ。

勝賀瀬登山口から登山開始

この日はあおぎでモーニングを食べてから向かった。

あおぎ⇒仁淀川を眺めながら天然鰻やツガニに舌鼓

とてもいい天気だ。仁淀川が美しい。

気温が低いせいで、水面に霧が立ちこめていて幻想的だ。

9:00登山口に到着。

車数台分の駐車スペースがある。

しばらくは民家の間を抜けて歩く。

神社に出た。

参拝を済ませ、先に進む。

なかなかの急登だ。12月も末だというのに汗ばんでくる。

仁淀川が見えるポイントまで来た。

分岐点。ここから稜線歩きになる。

しばらく行くと別の分岐に着いた。

まずは左の山頂方面の道を行くことにした。

このあたりにはまだ紅葉が残っていた。

コース案内。

11:06北谷三角点に到着。

林道に出た。

しばらく林道を行く。

山頂が見えた。

山頂は雪景色

ここから再び登山道になる。

雪が積もっている。

11:44山頂に到着。

何人かの登山客と一緒になった。

山頂にも雪が積もっていた。遠く見える筒上山も冠雪していて、とても美しい眺めだ。

ランチはカップ麺とおにぎり。筑前煮も美味しかった。

展望岩を経由して下山

しばらくゆっくりして、下山開始。

山の東側なので、登山道にも雪が残っている。

雪に赤い色が映える。

展望岩に来た。

仁淀川から太平洋まで見渡せる。展望岩の名に恥じない眺めだ。

元来た道を少し戻る。

ここから巻き道に入る。

一面の杉林。

間伐したばかりのようだ。

15:07下山。

車で帰宅途中に、道の駅に寄る。

ここから鷹羽ヶ森が良く見える。

Total distance: 8869 m
Max elevation: 895 m
Min elevation: 32 m
Total climbing: 960 m
Total descent: -960 m
Total Time: 06:08:55
Download
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments