スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド ⇒ 仁淀川を安心して楽しめるきれいなオートキャンプ場

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールドとは

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールドは、高知県高岡郡越知町にあるオートキャンプ場だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

2018年4月にオープンしたばかりで、スノーピークが四国で初めて展開するキャンプ場として注目されている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

実は、オープンの日にここを訪れた。

黒森山登山の帰りに立ち寄ったのだ。

黒森山 ⇒ 仁淀川の背景にそびえるどっしりした山塊

チェックイン

事前にインターネットで予約を済ませた。

この日は自宅を午前中に出発。

途中でランチを済ませた後、スノーピークおち仁淀川キャンプフィールドにやってきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

玄関前の駐車場。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

送迎車だろうか。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

自動販売機が設置されていて、値段も普通。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ラフティングの設備がある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

カウンターでチェックイン。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

スタッフがまだ慣れていなくて、クレジットカード操作に手間取った。

カウンター奥はショップになっている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

薪やフードも販売している。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

キャンプ場は芝生がきれいだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

この日は遠足らしき学生の集団がいた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

設営

場内は一方通行。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

到着時点でテントは1張りだけだったので、少し間隔を開けて管理棟に近い方に幕営することにした。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

車から荷物を下ろす。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

こんな感じで設営完了。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

道路側は、こんな感じになっている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

管理棟へは砂利道が続いている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

設備を見学

管理棟の右側に、トイレやシャワールーム、流しがある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

流し。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

スノーピークは、この赤を使うようだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

その横にロッカールーム。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

かなり広い。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

その隣がシャワールーム。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

洗濯機も設置されていた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

洗面台にはドライヤーも完備。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

シャワーは4機。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

スイッチはONのままだった。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

使いやすそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

その隣が女子トイレと

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

男子トイレ

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

とてもきれいだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

温水便座。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

手洗いもきれいだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

その隣には、なぜか水族館。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

これは以前、宮ノ前公園でみたことがある水槽だ。

それを常設するらしい。

宮ノ前公園⇒コスモスに彩られる仁淀川河川敷

管理棟とは反対側にも建物がある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

キャンプ場の奥側にテントを設置した人向けの設備だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

もちろんトイレもある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

住箱

このキャンプ場には、住箱(じゅうばこ)というバンガローが設置されている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

東京オリンピック会場の国立競技場を設計した隈研吾氏が設計したそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

トレーラー形式になっていて、非常時には仮設住宅にも使えるそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ウッドデッキが続く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

部屋から仁淀川が一望できる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos
New photo by 徳弘効三 / Google Photos

エアコン完備。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

かなり目立つ形だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここから川に下りられる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

この後、沈下橋まで散歩してみた。

浅尾沈下橋 ⇒ 仁淀川にかかる沈下橋は数あれど、美しさは映画級

キャンプ開始

まずはシャワーで汗を流す。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

シャワールーム出口に珪藻土の水切りがあるのが気持ちいい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

夕食の準備。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

焼肉だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos
New photo by 徳弘効三 / Google Photos

食後は焚き火でくつろぐ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

スノーピークのキャンプ場でキャプテンスタッグの焚き火台を使うのってどうよ、とも思ったが、仕方ない(笑)

キャプテンスタッグの焚き火台を購入した

夜、そして翌朝

ここまでは良かったのだが・・・

夜中になると寒い。

11.8度しかない。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

以前キャンプした時には4.4度だったのでそれより暖かいはずなのだが、この日はなぜかとても寒く感じて何度も目を覚ました。

とまろっと ⇒ 四万十川河口のオートキャンプ場

そして夜明けを迎えた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

仁淀川には朝霧が立ちこめる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

とても幻想的な朝だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

空腹なので朝食にしたかったのだが、連れが起きるのを拒否。

朝食の食材は車の中なので、取り出すことができない。

やむを得ず、非常食のカップラーメン。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

トホホ・・・

チェックアウト後、観光に向かった。

茶農家の店あすなろ ⇒ 仁淀川を眺めながら沢渡茶をいただく

感想

さすがに都会派のキャンプ場、設備は完璧だ。

特にトイレや流しなど水回りは最新型の設備で、とても気持ちが良かった。

サイト数も多く、特別混み合う季節以外はゆったりとキャンプを楽しめるだろう。

今回は区画サイトを利用し、5,000円ほどかかった。

高知のキャンプ場は無料の場所が多いので、割高に感じた。

宮ノ前公園にも同じキャンプフィールドができるらしい。

棲み分けができるポテンシャルはあるので、頑張って欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments