蟠蛇森⇒大蛇伝説の山は展望台から太平洋や石鎚山を臨める

蟠蛇森

蟠蛇森(ばんだがもり)は須崎市の山だ。

蟠蛇森(ばんだがもり) – 須崎市観光協会ホームページ

須崎市の北境にそびえる標高769mの市内で一番高い山で、周辺は県立自然公園に指定されています。展望台からは、北に石鎚山を主峰とする四国山地、眼下には須崎湾と横浪三里の雄大な景色を眺めることができます。 …

須崎市の北境にそびえる標高769mの市内で一番高い山で、周辺は県立自然公園に指定されています。展望台からは、北に石鎚山を主峰とする四国山地、眼下には須崎湾と横浪三里の雄大な景色を眺めることができます。

その昔大蛇が住んでいて、美しい乙女に化けて人々を惑わしたという伝説(大蛇伝説)が残っていることから、この名が付いた。

車道と登山道が何度も交差する。

古くからの街道だったようだ。

登山道からは、太平洋がよく見える。

ここから山頂まで90分。

周囲は文旦畑だ。

朽ち果てたベンチが残念。

山頂近くまで林道が続く。

登山道は整備されている。

畑に出たり入ったりの部分が少し分かりにくい。

アンテナまで来ると、山頂はもうすぐだ。このアンテナ群があるので、蟠蛇森は遠くからでもすぐに見分けられる。

公園入り口の看板。

山頂に到着。

ベンチが設置されいて、くつろげる。

展望台に登ってみた。

結構高いので怖い。

Total distance: 7968 m
Max elevation: 777 m
Min elevation: 220 m
Total climbing: 571 m
Total descent: -563 m
Total Time: 03:20:28
Download
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments