インスブルック ⇒ 氷河からの川が流れる美しい都

インスブルック

インスブルックとは

インスブルックは、オーストリア第5の都市だ。

人口は13万人で、チロル州の州都でもある。

1964年と1976年にオリンピックが開催された。

インスブルックに来るのは2回目だ。

前回はミュンヘン国際空港からバスでアールベルク峠を越えてきたのだが、今回は空路で訪れた。

フランクフルト空港からインスブルック空港へ

この日は羽田からフランクフルト空港に到着した。

全日空フランクフルト便 ⇒ 政府専用機になる777で快適フライト

オーストリア航空で、フランクフルト空港からインスブルックに向かう。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

機材はボンバルディアだ。

高知と大阪を往復しているのと同じ機材なので、慣れている。

もっとも高知空港に胴体着陸した機種でもあるので、ツレは随分と心配していたのだが。

面白いのが、手荷物は自分でここまで持ってきて、このコンテナに自分で積み込むことだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

日本ではこのやり方は見たことがない。

クレームタグも自分で荷物に付けて、半券を剥ぎ取る。

なんともアバウトなやり方だ。

問題なく離陸し、インスブルックを目指す。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

あいにく雲が広がっていて、景色は楽しめない。

それでも機内でコーヒーとザッハトルテが出され、ご満悦だ。

1時間足らずで、インスブルック空港に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

こぢんまりした空港だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

バスで中央駅まで移動する。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

30分ほどで到着した。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここで鉄道に乗り換え、セルヴァに向かった。

セルヴァ ⇒ ドロミーティ観光の拠点として静かに過ごせる村

インスブルック市内

今回のインスブルック訪問は、単なる乗り換えで観光はしない。

このため、前回の体験を記しておく。

まずはバスでミュンヘンから移動。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

二階建てバスでアウトバーンを走ったのだが、あまりのスリルに足がつっぱっていた(笑)

インスブルックに到着し、中央駅に隣接するホテルにチェックイン。

食材を買い込み、部屋で食事する。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

翌朝の朝食も、こんな感じ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

食後、黄金の小屋根まで歩いてみた。

市内を流れるイン川は、大変な濁流だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

街歩きを楽しみ、ビールで一息入れる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

夕飯は、カレーを食べた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

結構本格的な味だった。

ハーフェレカールシュピッツェ

ハーフェレカールシュピッツェは、インスブルックの北側に鎮座する標高2,334mの山だ。

この時は、この山に登った。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここからインスブルックの街並みが一望できる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

その先には、今回の旅行で行くチロルの山並みが続く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ドイツ側は、険しい岩山だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

山頂までの散策を楽しんだ後、ロープウェイ乗り場のレストランで昼食。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

感想

小さな町だが、人口が少ない割には見所が多い印象だ。

やはり観光地として人気があるので、人口規模以上に町が大きいのだろう。

小さいながらも国際空港もあり、鉄道やバスの便も良い。

観光の起点としても、ぜひ利用したい場所だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments