大寶寺 ⇒ 森の中に凛としてたたずむ(第44番札所)

大寶寺

大寶寺とは

菅生山大覚院大寶寺(だいほうじ)は、愛媛県浮穴郡久万高原町にある真言宗豊山派の寺だ。

第44番札所で、本尊は十一面観世音菩薩。

駐車場へ

この日は久万高原町に宿泊していた。

面河山岳博物館 ⇒ 石鎚山のなりたちを解明する

朝、ホテルを車で出発。

ほどなく総門をくぐる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

総門からかなり山道を走る。

ようやく駐車場に到着だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

周囲は杉林に覆われている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

かなり広い駐車場だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

石碑が苔むしている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

参拝

石段を上がると本堂だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

非常に立派だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

1925年に再建されたそうだ。

参拝する。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

こちらが大師堂。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

こちらも非常に大きい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

感想

町中に総門があるが、そこからかなりの距離がある。

山道を登る必要もある。

また、この前の第43番札所から90kmも離れているため、遍路には厳しい寺だ。

それだけに、うっそうとした杉林の中にたたずむ寺は、より風格を感じることだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments