ラピス大歩危 ⇒ 吉野川観光のへそとも言える道の駅

ラピス大歩危

ラピス大歩危とは

ラピス大歩危(おおぼけ)は、徳島県三好市(みよしし)にある道の駅だ。

国道32号沿いにあり、博物館および観光案内施設ラピス大歩危としてとして1996年に開業した。

2008年に道の駅として登録された。


駐車場へ

この日は自宅を車で出発、まず道の駅霧の森を訪れた。
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/car/station/9549/

ここから国道を通って、ラピス大歩危にやってきた。

駐車場は、とても広い。

地下駐車場もあり、かなりの台数が停められる。

店頭には、ボンネットバスが展示されている。

ウッドデッキ

建物は吉野川(よしのがわ)沿いに建っていて、ウッドデッキが設置されている。

ここから吉野川を見下ろすことができる。

吉野川は、四国三郎と呼ばれる日本三大暴れ川だ。


階段が付いているので、川まで下りることもできる。

妖怪屋敷

建物の入り口で、妖怪が出迎えてくれる。

建物内に、妖怪屋敷が設置されているのだ。

実は徳島県三好市山城町は、妖怪伝説が残る場所だ。


子泣きじじい発祥の地だそうだ。

2010年に妖怪屋敷がオープン。

人気を博している。

売店

妖怪村の2階は、石の博物館がある。

窓口で入場券を売っていた。

その奥が、売店になっている。

道の駅らしく、特産品を販売していた。

レストラン

売店の奥に、レストランがある。

大歩危、小歩危を散策した後でレストランに入ってみた。

大歩危、小歩危 ⇒ 吉野川が削った断崖の上を歩く
大歩危、小歩危とは 大歩危(おおぼけ)、小歩危(こぼけ)とは、徳島県三好市山城町の吉野川(よしのがわ)沿いの渓谷だ。 切り立った岩壁が続...

頼んだのは、いつものソフトクリームだ。

川を見ながら食べられるのがいい。

メニューは少なめかな。

感想

大歩危、小歩危観光の拠点として便利な場所だ。

駐車場も広い。

妖怪屋敷などみどころもたくさんある。

遊覧船乗り場も近くなので、観光に来た時には立ち寄りたい場所だ。