宮の前公園 ⇒ 満開の桜が風に舞う

宮の前公園

宮の前公園とは

宮の前公園(みやのまえこうえん)は、高知県高岡郡越知町(たかおかぐんおちちょう)の仁淀川河川敷にある公園だ。


コスモス祭りで有名だ。
https://niyodogawa.org/blog/niyodogawa/spot/648/

駐車場

この日は山屋紅でランチ後、車で宮の前公園にむかう。
https://niyodogawa.org/blog/niyodogawa/gourmet/10066/

国道194号線から左折し、仁淀川沿いに上流に向かう。

途中の道は、桜がきれいだ。

仁淀川沿いで、川の景色も美しい。

やがて、宮の前公園に到着だ。

坂道を下った広場に、車を停める。

散策

桜が満開だ。

思った以上に、桜の木が多い。

日曜と言うこともあり、家族連れが多く来ていた。

この日は2019年4月7日、桜は見頃だ。

それでもこの程度の人出なのは、都会の人からすると贅沢だろう。

八重桜も。

とりあえず駐車場の方向に歩いて行く。

道沿いには、ぼんぼりが設置されていた。

風が吹いて花吹雪。

高知県越知町の宮の前公園の桜吹雪【とくチャンネル】

子供は大喜びだ。

それにしても人がいなくてもったいないくらいだ。

看板を発見。

愛馬会の桜の木140本を譲る、と書かれている。

そんなに伐採する予定があるのだろうか。

すごくもったいない気がする。

スノーピーク

建設中のスノーピークの店舗が坂の上に見える。

スノーピークは、ここから車で10分ほどの場所にキャンプフィールドをオープンさせている。
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/camp/camp-site/3466/

宮の前公園は、越知町で2ヶ所目のスノーピークのキャンプフィールドになる予定なのだ。

ほぼ完成しているようだ。

しかし、建物の周囲は未舗装のまま。

内装もまだのようだ。

かなり大きな建物が建っている。

地盤沈下は止まったのだろうか。

住箱(じゅうばこ)も設置が完了していた。

見る限り、おちキャンプフィールドにあるのと同じようだ。

すぐに住めそうな感じだ。

ここからは、宮の前公園が一望できる。

じつはこの建物は地盤沈下が発見されて、一時建設がストップしていた。

大樽の滝 ⇒ 落差34mの名瀑で紅葉狩り
大樽の滝とは 大樽の滝(おおたるのたき)は高知県高岡郡越知町にある滝だ。 落差34mで、日本の滝百選に選ばれている。 ...

しかし、見る限りでは地盤沈下の影響は感じられない。

工事は続いているようだ。

しかし未舗装の部分が残っており、ゴールデンウィークには間に合いそうもない。

感想

宮の前公園といえばコスモス、というイメージが強いのだが、どうしてどうして桜も見事だった。

それなのに満開の桜を見る人が少なすぎて、もったいないくらい。

早くスノーピークがオープンして、多くの人がこの見事な桜を楽しんでくれるといいね。