GOD VALLEY カリー&コーヒー ⇒ 淡路島カレーに舌鼓

god valley

GOD VALLEY カリー&コーヒーとは

GOD VALLEY カリー&コーヒー(ごっどばれーかりーあんどこーひー)は、高知県吾川郡いの町神谷(あがわぐんいのちょうこうのたに)にあるカレー専門店だ。

God Valley カリー&コーヒー | いの町観光協会私は4年前に「淡路島カレー」の魅力にとりつかれ、高知県でもこの味をみなさまに楽しんでいただきたく、この度仁淀川の清流のそば、神谷地区のログハウスに カレー専門店をオープンいたしました。

夏は冷房の効いたログハウスの中で、流れる音楽にひたりながらカレーとコーヒーを味わってください。

また、冬は まきストーブの火とぬくもりに包まれながら カレーとコーヒーを味わっていただければ幸いに思います。

オーナー   尾﨑

God Valley カリー&コーヒー | いの町観光協会から引用

淡路島出身のオーナーが経営している。

高知ぐるぐるゴハン:★カレー&ラーメンフェスタゴッドバレーさん。「神の谷」。
こんな店知らんかった。いの町神谷にあるお店とな。

お店のおねーさんに聞いたところ、店長は淡路島のご出身だそうで
淡路島のこだわり玉ネギを用いたカレーはこれまた風味があります。
こちらがGodValleyの龍馬カレーや!

めしちゃり的にはけっこう辛かった。でもこれも美味しいねぇ。
フライドオニオンがトッピングされております。

高知ぐるぐるゴハン:★カレー&ラーメンフェスタから引用

ここで出されている淡路島カレーは、NPO法人淡路島活性化推進委員会と株式会社ビープラウドがタッグを組み、淡路島の工場で手作りしているものだ。

淡路島カレー公式ページ淡路島カレーの特徴は、何と言っても3段階に変化する深い味わい。
最初甘さを感じ、後からコクと辛さが効いてきます。

【甘さ】日本一糖度が高い淡路島産プレミアム玉ねぎと、9種類のフルーツ
【コク】淡路島の工場で一から炊いた鶏ガラスープと、デミグラスソース
【辛さ】後からジワジワ効いてくる、唐辛子と16種類のスパイス

淡路島の恵みをはじめ、
良質な素材と配合が織りなす奥深い味わいです。

淡路島カレー公式ページから引用

駐車場

この日は自宅を車で出発し、GOD VALLEYにやってきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

国道194号線沿いなのだが、普通の民家なので分かりにくい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

幟を目印に、駐車場に入る。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

駐車場は3台ほど停められそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

店内へは、ガレージを突っ切っていく。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

アメリカンな雰囲気。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ガレージ奥が、店だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

店内

店内に入る。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ウェルカムボードの前にも、いろいろ小物が置かれている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここで靴を脱いで店内へ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ログハウスだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

暖炉がおかれた、天井が2階部分まで吹き抜けの開放的な店内。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ピアノも置かれ、演奏会も開かれているようだ。

一番奥のテーブル席についた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

トイレに入ってびっくり。

洗濯機があるのだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

その横にはバスタブ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

民家をそのまま利用していることがよく分かる配置だ。

トイレは蓋が人感センサーで開く最新型。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

もちろん温水便座。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

手洗いもおしゃれ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

メニュー

メニューはこんな感じ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

辛さも5段階でマシマシにできるようだ。

一人前にタマネギ一個が溶け込んでいるらしい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

生産工場の説明。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

今回はスタウトポークカレーの辛さ通常にした。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ごはんの上にポークとオニオンフライ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

キャベツのピクルスも、なかなかいい組み合わせだ。

サラダをサービスしていただいた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

キンカンが入っていて、ちょっと嬉しい。

食後はコーヒーを頼んで、少しゆっくりした。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

店の外に庭がある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

テーブルと椅子が置かれているので、外で食べることもできそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

薪ストーブ用の薪もおかれている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

お店を出て、池川神社に向かった。

池川神社 ⇒ 四国最古の神楽が舞う総鎮守

感想

カレーとしては普通の感じだが、とてもおいしかった。

通常の辛さにしたのだが、それでも相当辛い。

辛さ増量にする人も多いらしいので、次回はもう少し辛いのに挑戦してみよう。