フライパン ⇒ 古民家好きには垂涎のレストラン

フライパン

フライパンとは

フライパンは、高知県吾川郡いの町にあるレストランだ。 古民家を利用したインテリアが特徴的なお店だ。

外観

この日は自宅を車で出発し、フライパンに向かった。 お店に到着。 かなり古そうだ。 反対側からも。 5軒隣りに2台停められる駐車場もある。 店頭に「今日はやりゆうよ」と書かれている。

店内

店内に入ると、カオスだ。 土間から入ると、テーブル席と座敷席がある。 12人くらいしか座れそうもない、小さなお店だ。 ジーンズをリメイクしたシートカバーが個性的。 こちらは座敷。 ラジオがいい感じだ。 インテリアも古めかしいのだが、テレビがあるのは少々違和感がある。

ランチ

メニュー。 意外と豊富だ。 酢豚。 とてもおいしい。 そのほかにも ポークジンジャー。 チキンソテー。 どれもなかなかの味だ。

感想

古民家を使った個性的なお店だ。 外観はもちろんだが、内装もかなりのものだ。 こうした雰囲気が好きな人にはたまらないだろう。 凝っているので、見るだけでも楽しい。 肝心の味を忘れそうだが、結構味が濃いめなのは注意。 おいしい上に濃い味で、ついつい食べ過ぎそうだ。 周囲の商店街も古い街並みが残っていて雰囲気がある。 一度立ち寄ってみるといいだろう。