開聞岳⇒海に突き出た円錐が美しい(日本百名山15座目)

開聞岳
開聞岳は鹿児島県指宿市にある百名山。 標高こそ924mと低いが、海から立ち上がった姿は壮麗だ。 まずは登山口となる「ふれあい公園」を9:00に出発。 しばらく公園を行くと、2合目に到着した。 ここから、本格的な登山道となる。 2.5合目に到着。 分かれ道なのだが、2.5合目というのが珍しい。 『危険』の表示に少々びびる。 3合目に到着。 既にヘトヘトになっていたのは、ナイショだ(笑) 4合目に到着。 さすが鹿児島県の山、南方系の植物が生い茂っている。 5合目に到着。 ようやく下界を見ることができた。 森の中を登るのは日光が遮られるメリットはあるが、単調に陥りやすい。 疲労がたまるはずだ。 6合目に到着。 すでに登山に飽きてきた。 7合目に到着。 屋久島方向の展望が開けた。 残念ながら水蒸気が多いせいで、屋久島は見えない。 それでも美しい海を見ると、少し力が湧いてきたようだ。 8合目到着。 ここから少し険しくなる。 9合目到着。 あと少し、自分に言い聞かせながら前に進む。 海岸線がきれいだ。 最後の急登。 慎重に登る。 鳥居があった。 12:00山頂に到着。 多くの登山客が、お昼を食べていた。 山頂からの眺めは素晴らしい。 苦労して登ってきた甲斐があった。 この日のランチは、コンビニおにぎり。 この景色を見ながらだと、これがおいしいのだ。 下山は、元来た道を戻る。 15:30下山完了。 駐車場が無料なのが嬉しい。 ここはキャンプ場にもなっていて、キャンプしたり車中泊したりもできるようだ。 有料ではあるが、こうした整備された公園は嬉しい。 [sgpx gpx=”/wp-content/uploads/gpx/開聞岳1.gpx”]