蔵王山 ⇒ 強風の中お釜の存在感に見入る(日本百名山29座目)

蔵王山

蔵王山とは

蔵王山(ざおうざん)は、宮城県と山形県にまたがる日本百名山だ。 読み方が山形県側と宮城県側でちがっているそうだ。 車で山頂近くまで行ける事から、人気が高い。 最高峰は熊野岳(1,841m)だ。 蔵王の名は、蔵王権現を山に勧請したことから命名された。

鬼怒川温泉から車で移動

前日は鬼怒川温泉で宿泊していた。
鬼怒川温泉とは 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市にある温泉だ。 首都圏から近い事、高速道路や鉄道の便がいい事から人気がある...
ホテルで朝食。 東北自動車道で蔵王を目指す。 蔵王エコーラインを通り、12:00駐車場に到着。 まずはすぐ上のレストハウスに立ち寄る。 入り口にはこんにゃくののぼりが。 休憩スペースが広い建物だ。

お釜

レストハウスを出て、すぐ上が刈田岳(かっただけ)(1,758m)だ。 しかし後から登る事にして、まずは最高峰の熊野岳を目指す。 すぐにお釜が見えてきた。 蔵王のシンボルで、もう30年以上前になるが以前来た時もこの湖を見た記憶がある。 その時はまだ登山はしていなかったので、これを見てすぐ帰ったのだろう。 お釜の脇の登山道を進む。

熊野岳

登山道は非常によく整備されている。 斜面を登る。 避難小屋に到着。 中は思ったより広く、十分宿泊できそうだ。 風が強かったので、避難小屋の風下に陣取ってランチ。 寒かったのでラーメンで温まった。 食事を済ませ、山頂に向かう。 祠が見えてきた。 山頂に到着。 碑が建っていた。 まずは参拝。 なかなか大きな祠だ。

刈田岳

強風で寒かったので先に進む事はやめ、下山する事にした。 元来た道を戻る。 レストハウスを過ぎ、刈田岳に登る。 参拝する。 信仰の山らしい景色だ。 多くの参拝者が訪れるらしい。 記憶があやふやだが、以前来た時はここからお釜を眺めたのだろう。 下山後、蔵王温泉で宿泊した。
蔵王温泉とは 蔵王温泉(ざおうおんせん)は、山形県山形市にある温泉地だ。 強酸性の泉質で、多くの共同浴場や日帰り入浴施設がある。 ...

感想

北海道で登山するつもりが、まさかの地震で予定変更。 急遽登ったのだが、手軽に登れてそれでいて達成感があってよかった。 蔵王自体はスキーで何度か訪れていたのだが、最高峰の熊野岳まで来たのは初めてだ。 眺望が素晴らしく、あらためてお釜の存在感も実感した。 周囲の山並みも美しいので、時間がある時に縦走してみたいと思った。
合計距離: 5782 m
最高点の標高: 1839 m
最低点の標高: 1659 m
累積標高(上り): 286 m
累積標高(下り): -214 m
総所要時間: 02:44:51
Download file: 20180907_蔵王.gpx