敢国神社 ⇒ 忍者の神社で縁結び祈願

敢国神社

敢国神社とは

敢國神社(あえくにじんじゃ)は、三重県伊賀市の神社だ。 伊賀国一宮で、祭神は大彦命(おおひこのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、 金山比咩命(かなやまひめのみこと)の3座だ。

NEOPASA静岡

前日に慈恩寺観光の後、東京で一泊していた。
慈恩寺とは 瑞宝山本山慈恩寺(じおんじ)は、山形県寒河江市の寺だ。 行基が724年に創建を提唱し、746年に完成したと伝わる。 平安時...
東名高速を通って敢国神社を目指す。 途中、静岡サービスエリアで休憩を取った。 NEOPASA静岡と呼ぶそうだ。 ここはいつもいっぱいだ。 売店には缶詰王国の文字が。 静岡県は、缶詰の生産量日本一だ。 お昼時なので、レストランへ。 せっかく静岡に来たので、鮪を食べることにした。 大満足だ。

駐車場

再び車で出発し、14:19敢国神社の駐車場に到着。 顔出し看板は忍者だ。 看板には、伊賀忍者の頭領、服部一族の祭りが行われる、と書かれている。 黒党祭(くろんどまつり)と呼ぶそうだ。 黒装束をまとう習わしだとか。 忍者ブームで、外国人観光客に人気が出そうだ。 駐車場から、少し歩いて行く。 街並みもそれっぽくて、いい雰囲気だ。 まずはトイレを借りる。 きれいに維持されている。 しかも温水便座で、神社のトイレとは思えない。

参拝

まずは入り口手前の摂社、市杵島姫社(いちきしまじんじゃ)に参拝する。 その先に、大きな鳥居が立っている。 さすが一宮、という感じだ。 社務所。 拝殿まで石段を上がる。 参拝する。

散策

周辺に、桃太郎岩というところがある。 子授けの霊験があるそうだ。 摂社を巡る。 数が多い。 ひとつひとつ参拝していく。 むすび社。 その名の通り、縁結びの神様だそうだ。 ちょうど、若いカップルが参拝していた。 古いカップルもせっかくなので参拝しておいた(苦笑) その後も、参拝を重ねていく。 大石社。 歌碑が建っていた。

ホテル

敢国神社をあとにし、この日泊まるホテルに向かう。 定宿のAZの三重名張店だ。 いつもは二段ベッドの部屋を頼むのだが、この日はツインベッドルームだ。 ホテルAZは値段が手頃なのに快適なので、おきにいりだ。 近くの定食屋で、晩酌。 部屋に戻って、ゆっくり休んだ。 翌日は赤目四十八滝を見物して、帰宅する予定だ。
赤目四十八滝とは 赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)は、三重県名張市赤目町にある渓谷だ。 実際には48個の滝があるわけではなく、比較...

感想

非常に大きな神社だった。 さすが伊賀国一宮だ。 主に縁結びや子宝に御利益があるようで、ちょっと俺にはズレていたかも知れない。 それでも、清々しい気持ちになれた。 パワーを頂いて、残りの旅行を楽しんで行けそうだ。
合計距離: 444551 m
最高点の標高: 455 m
最低点の標高: 5 m
累積標高(上り): 2590 m
累積標高(下り): -2388 m
総所要時間: 08:03:59
Download file: 20180916_東京.gpx