慈恩寺 ⇒ かつて東北随一と謳われた寺で至宝の仏像鑑賞

慈恩寺とは

瑞宝山本山慈恩寺(じおんじ)は、山形県寒河江市の寺だ。

行基が724年に創建を提唱し、746年に完成したと伝わる。

平安時代に藤原氏の下で反映を極めた。

江戸時代には、東北随一の規模を誇る。

本尊は弥勒菩薩だ。

もともと修験道の寺であったが、明治の寺社領の返上を求める上知令や修験禁止令により衰退。

現在は慈恩宗という一山寺院となっている。

駐車場へ

前日は月山に登山した。

月山 ⇒ 修験の山もリフトでお手軽登山(日本百名山33座目)
月山とは 月山(がっさん)は、山形県鶴岡市の日本百名山、新日本百名山、花の百名山、新・花の百名山だ。 標高は1,984m。 湯殿山、羽...

宿泊していた旅籠屋の寒河江店で朝食を済ませた。

車で出発。

30分ほど山道を登っていくと、駐車場に到着だ。

トイレなども整備されている。

寺までは100m程歩く。

建物が見えてきた。

参拝

まずは山門に回ってみる。

とても立派だ。

1736年に築造され、現在は県指定文化財だそうだ。

本来なら、この石段を上がってくるようだ。

その先に、三重塔があった。

こちらは1830年に再建された県指定文化財だそうだ。

境内の由緒書き。

かすれていて読めない。

境内には建物が建ち並ぶ。

大師堂。

釈迦堂。

歌碑も建てられていた。

不動明王。

阿弥陀堂。

ちょうど「慈恩寺の宗教と仏像展」が開催されていた。

ボランティアの方が丁寧に説明してくれた。

国の重要文化財が多数並び、見応え十分だ。

鑑賞を終え、先に進むと宝蔵院だ。

1613年創建の、最古の建物らしい。

周辺には彼岸花が咲き誇る。

山王台公園

仏像展の会場で、眺めがいい公園があると聞いてやってきた。

山王台公園(さんのうだいこうえん)といい、慈恩寺のすぐ上にあたる。

車でかなり上がったので、確かに寒河江市が一望できる場所だ。

残念ながら、この日はガスっていてあまり見えなかった。

晴れていれば、蔵王山まで見渡せるそうだ。

蔵王山 ⇒ 強風の中お釜の存在感に見入る(日本百名山29座目)
蔵王山とは 蔵王山(ざおうざん)は、宮城県と山形県にまたがる日本百名山だ。 読み方が山形県側と宮城県側でちがっているそうだ。 ...

夜景が美しいそうだ。

ウルトラセブンに遭遇

慈恩寺をあとにし、米沢経由で高速道路に乗る。

米沢を通ったのは初めてだ。

東北自動車道は、大渋滞だ。

ようやく安達太良サービスエリアに入ることができた。

なぜかウルトラセブン。

どうやら、円谷英二の出身地が近いらしい。

レストランでランチにする。

牛タン麦飯定食にしてみた。

仙台じゃないけど。

それでも、なかなかおいしい。

安達太良サービスエリアを出発し、東京へ。

長い、長い東北旅行が終了した。

翌日は、帰宅途中で敢国神社に参拝する。
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/shrines-and-temples/shrines/ichinomiya/8412/

感想

東北旅行最終日にふさわしい、素晴らしいお寺だった。

ちょうど仏像展を開催しており、普段目にすることができない仏像を拝観できたのもラッキーだった。

今回訪れた本堂だけでなく、下の方までお寺が点在し、散策するのに良さそうだ。

歴史を感じながら時を過ごすのに、最適な場所だ。

合計距離: 384891 m
最高点の標高: 436 m
最低点の標高: -5 m
累積標高(上り): 1483 m
累積標高(下り): -1573 m
総所要時間: 07:36:40
Download file: 20180915_寒河江市.gpx