雲辺寺(徳島県三好市) ⇒ 四国霊場最高地点でおたのみなす(第66番札所)

雲辺寺

雲辺寺とは

巨鼇山千手院雲辺寺(きょごうざんせんじゅいんうんぺんじ)は、徳島県三好市池田町白地ノロウチ(とくしまけんみよししいけだちょうはくちのろうち)にある真言宗御室派の寺だ。 四国八十八ヶ所霊場第66番札所で、本尊は千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)
巨鼇山 千手院 雲辺寺 – (一社)四国八十八ヶ所霊場会四国霊場のうち最も高い標高911メートル、四国山脈の山頂近くにある霊場で、「遍路ころがし」と呼ばれる難所とされた。現在は、麓からロープウエーで山頂駅まで登ることができる。住所は徳島県だが、霊場としては讃岐の打ち始めでいわば「関所寺」。縁起によると、弘法大師は雲辺寺に3度登っている。最初は延暦8年、大師が16歳のときで善通寺(第七十五番)の建材を求めてであったが、深遠な霊山に心うたれて堂宇を建立した。これが雲辺寺の創建とされている。2度目は大同2年(807)、大師34歳のとき、唐から請来した宝物で秘密灌頂の修法をなされたという。さらに弘仁9年(818・大師45歳)、嵯峨天皇(在位809〜23)の勅を奉じて登り、本尊を彫造して、仏舎利と毘廬遮那法印(仏法石)を山中に納めて七仏供養をし、霊場と定められた。
巨鼇山 千手院 雲辺寺 – (一社)四国八十八ヶ所霊場会 から引用
雲辺寺(徳島県三好市) ⇒ 大師乳銀杏〜五百羅漢〜涅槃仏〜雲辺寺ロープウェイ〜毘沙門天展望館〜雲辺寺山頂公園(第66番札所)

駐車場

この日は、ナブールでランチを食べた。
ナブールは、徳島県三好市池田町馬路馬場にある喫茶店だ。駐車場が広いので便利。店自体はいかにも昭和の喫茶店で少々見栄えがしないが、日替わりランチはおいしかった。この日はショウガ焼きでボリュームもあるので、男性でも満足できるだろう。コーヒー付きで750円は、お得感がある。
そこから車で雲辺寺に向かって進む。 ところどころ対向車線の無い道を、標高を上げていく。 遍路道と合流。 駐車場に到着。 車は5台停められる。
合計距離: 89828 m
最高点の標高: 889 m
最低点の標高: 26 m
累積標高(上り): 1911 m
累積標高(下り): -1071 m
総所要時間: 02:10:54
Download file: 20200910_高知市.gpx

参道

参道を進む。 遍路道。 500mと長い参道を進む。

境内

境内案内板。 山門はまだ新しい。 仁王像と巨大わらじ。 石段を上がると鐘楼、その前に一言観音。 マニ車。
マニ車 - Wikipediaマニ車・輪蔵を右回り(時計回り)に(ボン教の場合はマシモ車を左回りに)回転させると、回転させた数だけ内蔵された経・真言を唱えるのと同じ功徳があるとされている。[要出典]。
マニ車 – Wikipedia から引用

参拝

大師堂があったが、まず本堂に向かう 駐車場方面に戻る。 納経所の先が、本堂だ。 コンクリート製の、真新しい建物。 参拝する。 おたのみなす。
雲辺寺のおたのみなす | 雲辺寺のブログ雲辺寺にはなすの腰掛けがあります。 『親の意見と茄子の花は 万に一つのあだもない』 なすの花は全て実になるということから縁起物であります。 皆様の願いが叶いますように 皆様の頼みごとが成す【なす】ように 『おたのみなす』として皆様に親しまれています。
雲辺寺のおたのみなす | 雲辺寺のブログ から引用
くぐって座れば、御利益倍増だそうだ。 もちろん頼み事が多い俺たちは、くぐった(笑) びんずるさまも、コロナウイルスのせいでノータッチで。 参道を戻る。 大師堂まで戻ってきた。 参拝する。 厄除け不動にも参拝。 参拝を終え、境内巡りに向かった。
雲辺寺に参拝した後、大師乳銀杏〜五百羅漢〜涅槃仏〜雲辺寺ロープウェイ〜毘沙門天展望館〜雲辺寺山頂公園と歩いた。ここは見どころ満載だ。景色もよく、楽しく歩くことができた。お天気もよく、景色を楽しめたのがよかった。その分、ムチャクチャ暑かったが。

感想

遍路転がし、88箇所の最高峰ということで何度も参拝している場所だが、何度来ても心洗われるようだ。 参道の立木から漂う空気感は、ぜひゆっくり味わって欲しい。 建物は新しいが、歴史は古い。 いわれのある見どころも豊富なので、時間を取って参拝して欲しい寺だ。
合計距離: 2682 m
最高点の標高: 927 m
最低点の標高: 884 m
累積標高(上り): 144 m
累積標高(下り): -144 m
総所要時間: 01:09:56
Download file: 20200910_雲辺寺.gpx