弘法寺(高知市北秦泉寺) ⇒ 厄年の数の石段が続く大きな寺

弘法寺とは

三宝山地蔵院弘法寺(さんぽうざんじぞういんこうぼうじ)は、高知県高知市北秦泉寺(こうちけんこうちしきたじんぜんじ)にある真言宗醍醐派の寺だ。 12月に行われる火渡りが有名だ。
子供たちも挑戦・・・素足で火渡り 高知 - FNN.jpプライムオンライン素足で火の上を歩き今年の厄を払う「火渡り」が、高知市の寺で行われました。 高知市の弘法寺で行われた「火渡り」は、1年の厄を払い幸福を願う伝統行事です。 高さ3メートルまで組み上げられた檜に火がつけられ、無病息災などを願う護摩が 焚き上げられます。
子供たちも挑戦・・・素足で火渡り 高知 – FNN.jpプライムオンライン から引用
弘法寺(高知市北秦泉寺) ⇒ 厄年の数の石段が続く大きな寺【GoPro MAXで撮影】

駐車場

この日は星神社に参拝した。
アジアンダイニングRARA(ララ) アジアンダイニングRARA(ララ)は、高知県高知市愛宕町(こうちけんこうちしあたごまち)にあるカレー店...
県道16号線に出たのだが行きすぎているので、すぐ横の階段を下りることにした。 これがなかなかスリルがある。 下りたところが、弘法寺の駐車場だ。 そこから進むと、弘法寺がある。 境内は広く、ここも駐車場として使っているようだ。

参拝

まずは本堂へ。 13体の仏像が並ぶ。 浄土池。 石仏が並ぶ。

厄除坂

33段の石段を上る。 一願観音が建つ。 道場には天狗の巨大な面。 その先に42段の階段が続く。 ようやく着いたと思ったら、さらに61段の階段。 どうやら男女の厄年にちなんだ段数のようだ。 天狗像まで上がってくると、息が切れていた(汗;)

ミニ八十八箇所

ここには小高い丘を囲んでミニ八十八箇所が用意されている。 ぐるりと一周すると、四国八十八ヶ所霊場を回ったことになる。 奥には、三面薬師如来像。 中央の丘に登る。 権現堂がある。 参拝を終え、石段を下った。

感想

ここは7年ぶりくらいかも知れない。 こんなに盛りだくさんだっただろうか、と記憶を呼び起こしてみるほど様々な仏像が安置されていた。 石段を上るだけでも大変だが、それだけの満足感があるお寺だ。
Total distance: 4414 m
Max elevation: 51 m
Min elevation: 6 m
Total climbing: 103 m
Total descent: -99 m
Total time: 01:49:19
Download