えちごやカフェ ⇒ 昭和レトロな店内からは仁淀川が一望

えちごやカフェ

えちごやカフェとは

えちごやカフェは、高知県吾川郡仁淀川町名野川(こうちけんあがわぐんによどがわちょうなのかわ)にある喫茶店だ。 ガソリンスタンドだった建物をリノベーションして、喫茶店にしている。
昭和レトロな「えちごやカフェ」で鬼うまい日替わりランチをいただく|【高知県公式】高知県情報のまとめサイト「高知家の○○」築50年以上の建物をリノベーションした昭和レトロなカフェ「えちごやカフェ」。高知市から約1時間半の場所にあり、高村千明さんと品原由紀さんの姉妹が経営している。 名野川商店街にあるお店が少なくなっていく中で「名野川の町の活気を取り戻したい!町を元気にしたい!」という気持ちが強くなり、お店をオープンさせたお二人。 地元愛が形になり、昨年7月に「えちごやカフェ」として古い建物が生まれ変わった。 もともとはガソリンスタンドのサービスステーションだった建物は、姉妹の実家が経営していたもの。親から子へと引き継がれた思い出あふれる建物なのだ。
昭和レトロな「えちごやカフェ」で鬼うまい日替わりランチをいただく|【高知県公式】高知県情報のまとめサイト「高知家の○○」から引用
ランチのご飯は斗賀野産の米を、ガス炊飯器で炊いているそうだ。
えちごや カフェ | によどがわ.TV|高知県 仁淀川町観光ポータルサイト | 仁淀川町観光ポータルサイト国道33号超しに仁淀川を見下ろす景色を楽しみながら、ゆっくりとランチやコーヒーをいただけるお店です。 客席は12席。ランチはガス炊飯器のお釜が空っぽになると終了です。
えちごや カフェ | によどがわ.TV|高知県 仁淀川町観光ポータルサイト | 仁淀川町観光ポータルサイトから引用
「えちごや」とは、経営者の姉妹の実家が「越後屋」という屋号だったことにちなむ。
仲良し姉妹が切り盛りする仁淀川町のステキなカフェ♪ ‹ グルメ ‹ ほっとこうち店を切り盛りするのは、この地で100年以上続く商店「越後屋」の四代目にあたる姉妹で、「家庭的な味」にこだわった日替わりランチや、仁淀川町のお茶を使ったスイーツなどが楽しめる。また、店は少し高い場所にあるため店内からの眺めは最高!
仲良し姉妹が切り盛りする仁淀川町のステキなカフェ♪ ‹ グルメ ‹ ほっとこうちから引用

駐車場

この日は、権現の滝に行った。
権現の滝とは 権現の滝(ごんげんのたき)は、愛媛県上浮穴郡久万高原町柳井川(えひめけんかみうけなぐんくまこうげんちょうやないがわ)にある滝...
その後、えちごやカフェにやってきた。 国道33号線を、山側に上がる。 建物の1階に、車を停めた。 ここに1台、建物の横に3台分の駐車場がある。 国道33号線のすぐ上にあたる。

外観

見た感じは、古ぼけたビルのようだ。 駐車場に、ランチメニューが出されていた。 階段を上がると、入り口だ。

店内

店内はテーブル席が2つ。 あとはカウンターという狭い店だ。 窓からは、仁淀川が一望できる。 水曜日と、第2第3木曜日が定休日。

インテリア

昭和レトロな店、というキャッチフレーズ。 家具や調度品が、かなりの年期ものだ。 黒電話、なんてのがあったなあと思い出す。 扇風機も年代物だが、現役。 クーラーはあるのだが、真夏なので扇風機もあると嬉しい。 よく見ると、ランプカバーは丼のようだ。

メニュー

壁にメニューが書かれている。 俺は、酢鶏とさっぱり夏野菜にした。 なかなか美味しい。 ツレは、あげ鶏のねぎソースがけ。 こちらもイイ感じだった。 プリンが気になったが、 シンプルに、ホットコーヒーにする。 ツレは、ほうじ茶ゼリーとアイス。 少し別けてもらった。

感想

昭和レトロ、というにはちょっとアレな外観。 しかし内部は、しっかり昭和レトロで仕上げられていた。 シンプルだが、居心地のいい空間になっている。 食事も美味しかったので、また行ってみよう。