権現の滝 ⇒ 落差40mの豪快な滝も悪路に気がめげる

権現の滝

権現の滝とは

権現の滝(ごんげんのたき)は、愛媛県上浮穴郡久万高原町柳井川(えひめけんかみうけなぐんくまこうげんちょうやないがわ)にある滝だ。
権現の滝|愛媛のスポット・体験|愛媛県の公式観光サイト【いよ観ネット】旧柳谷村の山間部に位置する権現の滝。高さ約40mを誇り、雨量が少なければ穏やかに水が流れ落ちる神秘的な滝となり、雨量が多ければ激しく水が流れ落ち、轟音を響かせる豪快な滝へと姿を変える。また、冬には滝が凍結する珍しい光景を見ることができる。遊歩道から山を少し登ると滝のすぐ側まで近づけるため、間近で滝を鑑賞することができる。遊歩道を歩いて滝まで2~3分と距離があまりないので、老若男女問わず滝を楽しむことができる。
権現の滝|愛媛のスポット・体験|愛媛県の公式観光サイト【いよ観ネット】から引用

悪路

この日は福地蔵に参拝した後、車で権現の滝に向かった。 国道33号線から右折し、仁淀川と高野本川が合流する地点にかかる橋を渡る。 権現の滝の案内看板に従って左折すると、 なんと通行止めの看板。 しかし権現の滝までは行けそうな書き方だったので、先に進むことにした。 非常に細い道をくねくねと進むと、看板が見えた。 林道の終点の看板。 この橋を渡る。 すると、ダート道になった。 不安に包まれる中、さらに車を進める。

権現の滝

滝が見えたので、車を停める。 なかなか大きそうな滝だ。 徒歩で近づいていく。 滝から流れてくる川。 しかし樹木が邪魔で、よく見えない。 一応ベンチが設置されていたのでここで間違いはないだろう。 しかし、遊歩道の入り口が分からない。 残念だが、先に進むことは諦めてここから写真を撮って終了とした。

帰路

地図上では道が先に続いているので行ってみる。 すると、通行止めになっていた。 仁淀川の橋のたもとにあった通行止めの看板は、ここのことだったようだ。 素直に、元来た道を戻ることにした。 国道に出て、えちごやカフェに向かった。
えちごやカフェとは えちごやカフェは、高知県吾川郡仁淀川町名野川(こうちけんあがわぐんによどがわちょうなのかわ)にある喫茶店だ。 ガソリ...

感想

落差40mというので期待していたのだが、あまりの悪路に気が萎えてしまった。 滝を見ただけでお腹いっぱいになって、遊歩道を探す気力もなくなっていた(汗;) 説明では滝のすぐ側まで近づけるとあるので、本来ならそうしたかった。 しかし暑かったこともあり、早々に引き上げることとなった。 もう少し道も改良されるといいね。