仁淀川桜堤公園 ⇒ いの町の桜の名所に列車が通る

仁淀川桜堤公園

仁淀川桜堤公園とは

仁淀川桜堤公園(によどがわさくらづつみこうえん)は、高知県吾川郡いの町にある堤防だ。

仁淀川橋のすこし下流で、ここは道路拡張の際に公園として整備され、桜の木が植えられた。
https://niyodogawa.org/blog/niyodogawa/spot/3730/

国土交通省が推進していた「桜づつみモデル事業」により整備されたものだ。


今では桜の名所として、多くの花見客が訪れている。


駐車場

この日は2019年4月7日。

各地でお花見の真っ最中の時期だ。
https://niyodogawa.org/blog/niyodogawa/spot/9994/

ここは散歩コースで、いつもは自宅から歩いて行くのだが、この日は車で向かう。

ここは堤防の上に駐車スペースがあるので、車でも大丈夫だ。

すでに満開だった。

鉄橋

堤防の上なので、見晴らしがいい。

堤防を鉄橋方向に歩いて行く。

この付近も、桜並木が続く。

JR土讃線の鉄橋までやってきた。

線路が横切っているので、横断はできない。

堤防を下り、鉄橋の下をくぐる。

高さがないので、頭をぶつけないように注意。

鉄橋の反対側に出た。

堤防に戻る。

ちょうど列車が通過したので、パチリ。

国道沿い

仁淀川の看板。

ここから道路に下りる。

振り返ると、こんな感じ。

国道沿いに戻っていく。

ちょうど見頃だ。

駐車場まで戻ってきた。

家族連れがお弁当を広げている。

このあとランチに、山屋紅に向かった。
https://niyodogawa.org/blog/niyodogawa/gourmet/10066/

感想

ここが整備された時は桜の木を植えたばかりで、小さな木しかなかった。

それから10年以上経ち木も大きくなったので、驚くほど美しい景色に変貌していた。

ここは散歩コースでいつも歩いているのだが、桜の時期に歩いたのは実は初めてだ。

充分に花見の名所と言っていいレベルになっていると思った。