風の里公園 ⇒ 風力発電の風車が林立する下を散策できる

風の里公園

風の里公園とは

風の里公園は高知県高岡郡津野町にある公園だ。 風力発電の風車が立ち並ぶ姿が国道からも見え、非常にインパクトがある。 紅葉の名所でもある。

車で風の里公園へ

この日は須崎市の喫茶店でランチを楽しんだ後、車で風の里公園を目指した。 須崎からは、30分ほどだ。 駐車場に到着。 この風車が1号機で、ここから20機の風車が連なっている。

紅葉を見ながら散策

さっそく散策を開始。 といっても、車道をひたすら歩くことになる。 この日は11月2日、少し紅葉が始まっていた。 カマキリも散歩していた。 少し歩くと、カルストゾーンと呼ばれるエリアがあった。 ゴツゴツとした石灰岩が露出した公園がある。 展望がいい。 さらに進む。 ススキの向こうに、石灰を採掘している山が見える。 鳥形山だ。 露天掘りの石灰岩産出量として日本一の規模らしい。 標高が200mも低くなるって、凄いね。 と、蛇に遭遇。 マムシのようだ。 舗装道路にも出没するので、注意は怠れない。

展望台もある

ふるさとの森に到着。 ここには風車の羽根が展示されている。 トイレも設置されている。 水洗で、比較的きれいだ。 売店らしきものもあるが、開いているのを見たことがない。 ふるさとの森の山側に行ってみた。 展望台がある。 双眼鏡が設置されていた。 ふるさとの森を見下ろせる。 森林浴の森に到着。 ここは、四万十川の源流の不入山への分岐点だ。
不入山(いらずやま)は日本一の清流として知られる四万十川の源流の山だ。標高は1,336m。 不入山 - いらずやま:標高1,336...
ここから山道に。 展望台に到着。 展望台からは、歩いてきた風車が一望できる。 元来た道を戻る。

感想

紅葉には少し早すぎたようだ。 もう一週間ほど遅く来ればよかったかも知れない。 この場所は紅葉が美しい割に空いているので、穴場としておすすめだ。 車道を歩くことになるが通行する車も少ないので、安心。
合計距離: 8765 m
最高点の標高: 1012 m
最低点の標高: 950 m
累積標高(上り): 313 m
累積標高(下り): -311 m
総所要時間: 02:24:07
Download file: 20171102_風の里公園.gpx