本山町吉野クライミングセンター ⇒ 本格的ボルダリングが格安で楽しめる

本山吉野クライミングセンター

本山町吉野クライミングセンターとは

本山町吉野クライミングセンター(もとやまちょうよしのくらいみんぐせんたー)は、高知県長岡郡本山町吉野(こうちけんながおかぐんもとやまちょうもよしの)にあるボルダリング施設だ。

西日本で唯一の屋根付き屋外競技場で、高さ15mの屋外施設の他に屋内にも10mのボルダリング施設がある。

高知)登れ登れ15メートル クライミングセンター - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタルクライミングウォールは屋外が高さ15メートル、屋内は高さ10メートル。一般の利用料は昼間(午前8時半~午後5時)の4時間以内が860円、夜間(午後5時~午後10時)が1時間210円。町営だけにお手頃価格だ。

高知)登れ登れ15メートル クライミングセンター – 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタルから引用

2002年の「よさこい高知国体」のクライミング競技の会場として使用された。

屋根があるので、雨天でも利用できるのが魅力だ。

本山町吉野クライミングセンター | 本山町役場ドーム状のシートでおおわれており、雨天時でも利用できます。
また、上部(0~45度=6段階)、下部(0~22.5度=4段
階)の傾斜がつけられます。

本山町吉野クライミングセンター | 本山町役場から引用

駐車場

この日は籠神社に参拝した。
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/shrines-and-temples/shrines/kochi/13797/

その後、本山町吉野クライミングセンターにやってきた。

散歩がてら少し歩くことにして、車は吉野川の対岸にある広場に停める。

ここは、早明浦ダム(さめうらだむ)の真正面だ。

河川敷は舗装されており、イベント会場として使われているようだ。

第35回やまびこカーニバル|高知新聞吉野川源流の里「土佐さめうら」で開催する夏祭りです。土佐赤牛バーベキュー、ステージパフォーマンス、花火などを予定し、人々の交流と産業振興の場になるよう願っています。
3日=17時~開会行事、抽選会・ゲーム、17時半~ステージパフォーマンス、土佐赤牛バーベキュー、21時~花火大会。
4日=スポーツ交流大会(少年野球交流大会、バスケットゲーム大会、さめうら湖ウォータースポーツ体験など)、早明浦ダム堰堤内見学会。

第35回やまびこカーニバル|高知新聞から引用

ここは本山町吉野運動公園の中にある。

駐車場もあるので、ここに停めるといいだろう。

ボルダリング施設

正面に、ドームがある。

巨大な壁が2本。

上部は角度を変えられるようになっている。

施工標。

さっそく試してみたが、

3mどころか、1mも登れなかった。

百名山踏破は大丈夫か?俺(大汗;)
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/climbing/100meizan/141/

周辺

ここは運動公園なので、ボルダリング施設以外の設備もある。

グラウンド。

児童公園。

トイレ。

水洗だ。

和式なのが残念。

感想

これだけ大きいと、迫力に負けそう。

そのため、1mも登れなかった(いいわけ)

これを登ったら、爽快だろうね。

オリンピックの種目にもなったし、人気が出るかも知れない。