あじさい街道 ⇒ 1万本のアジサイが道路沿いに咲き誇る

あじさい街道

あじさい街道とは

あじさい街道は、高知県高知市春野町(こうちけんこうちしはるのちょう)の県道沿いの用水路だ。 住民がアジサイを植栽し、5kmにわたって1万本のアジサイが咲き乱れることで有名だ。
春野町 あじさいまつり「あじさい街道」は昭和50年頃、弘岡下老人クラブの花好き4~5人が10数本のあじさいを植えたことが始まりで、老人クラブの花いっぱい運動へと発展し、花の帯は年を越す毎に長くなり、いつのころからか「あじさい街道」と呼ばれるようになりました。毎年6月の第一日曜日、町内外から多くの人々が訪れ、街道沿いのあじさいの花と、用水路を流れる仁淀川からの清らかな水とのコントラストを楽しみながら「あじさいウォーク」が開催されます
春野町 あじさいまつりから引用
また例年、アジサイのシーズンにあじさい祭りか開催される。
あじさいが見頃を迎えています - 高知市公式ホームページ春野町は仁淀川からの豊かな水に恵まれて,水路が網の目のように走る水の町。その水路に沿うようにして約5km,1万本のあじさいが咲いているあじさい街道は,初夏の春野の名物となっています。あじさいまつりは,そんな彩り鮮やかなあじさいを観賞しながら,長短2つのコースに分かれて歩くあじさいウォークや,「あじさい公園」で野菜や果物など,地元産品の販売や飲食コーナーを設けた「味彩まつり」などが行われています。
あじさいが見頃を迎えています – 高知市公式ホームページから引用
ライトアップされ、夜間もアジサイを楽しめる。
あじさいまつり – 春野商工会<ライトアップ> 開催日時(2019年5月31日~6月9日 19:00~21:00) 弘岡中のあじさい街道でLEDライトを使ったライトアップを行います。 なお、ライトアップ開催中の6月1日は、土曜夜市も開催します。 妖艶なる夜のあじさいとともに、初夏の夜長をお楽しみください。
あじさいまつり – 春野商工会から引用

駐車場

この日は六條神社に参拝した。
六條八幡宮とは 六條八幡宮(ろくじょうはちまんぐう)は、高知県高知市春野町西分(こうちけんこうちしはるのちょうにしぶん)にある神社だ。 ...
その後、車であじさい街道にやってきた。 5台ほど置ける駐車場。 案内看板。

はるのあじさい街道休憩所

道路の向かい側が公園になっている。 はるのあじさい街道休憩所という。 この日は2019年6月19日だったが、例年より花は残っている。 この用水は吾南用水という。 前知事の橋本大二郎が書いた書の石碑。 アジサイに沿って歩いてみる。 お世話はボランティアだ。 あじさい街道の歴史。 近年アジサイの樹勢が衰えていた。 しかし今年は見違えるほど復活していた。 随分と手を入れたのだろう。 公園に入ってみた。 東屋が設置されている。 ベンチもある。 以前は花菖蒲も咲いていたのだが、この日は見かけなかった。 駐車場に戻る。

感想

高知でアジサイを見ると言えばこのあじさい街道、という時代があった。 はるか伊野町まで続くアジサイは、とても見事だった。 それが様々な要因で樹勢が衰え、さらに他の場所でもアジサイを植栽する事例が増えてきた。
あじさい祭りとは あじさい祭りは、高知県土佐市高岡丙(こうちけんとさしたかおかへい)にある加茂川親水公園(かもがわしんすいこうえん)で開催...
野市アジサイ街道とは 野市アジサイ街道(のいちあじさいかいどう)は、高知県香南市にある公園だ。 アジサイが美しいことで知られる。 ...
そんな中で、ボランティアが立ち上がってこの景観を復活させたのは素晴らしい。 車で通るだけでも十分に楽しめるので、少し回り道になっても見て欲しい。