黒岩沈下橋 ⇒ これぞ沈下橋、という細い橋にビビる

黒岩沈下橋

黒岩沈下橋とは

黒岩沈下橋(くろいわちんかばし)は、高知県高岡郡佐川町黒原(こうちけんたかおかぐんさかわちょうくろはら)にある橋だ。 水位が上がった時は水中に没する沈下橋で、仁淀川の支流の柳瀬川(やなのせがわ)にかかっている。

駐車場

この日は柴尾の一本杉に行った。
柴尾の一本杉とは 柴尾の一本杉(しばおのいっぽんすぎ)は、高知県高岡郡越知町柴尾(こうちけんたかおかぐんおちちょうしばお)にある杉の木だ。...
その後、車で黒岩沈下橋にやってきた。 ナビで設定したものの、到着地点に橋らしき物はない。 しばし地図を見ながらウロウロする。 ようやくたどり着いたのが、ここだ。

黒岩沈下橋

のっぺりとしたコンクリートの板が、川にかかっているだけだ。 なんといっても、道幅が狭い。 水面からの高さは、3mほどだろうか。 確かに景色はいいのだが。 これでも落ちたら大変だ。 縁石もないので、目測で車幅を調整しないといけない。 昼間ならまだしも、夜なら転落すること必至だろう。 反射板くらい付けておけばいいのに。 車で渡るのは断念し、Uターンして戻る。

感想

徒歩でならいいが、車で来るのはおすすめできない。 そんな沈下橋だけに、風情があると言えばそうかもしれない。 秘境マニア(笑)には、ウケが良さそう。