ゆの森(高知県仁淀川町) ⇒ 中津渓谷に建つ温泉ホテル

ゆの森

ゆの森とは

ゆの森(ゆのもり)は、高知県吾川郡仁淀川町名野川(こうちけんあがわぐんによどがわちょうなのかわ)にあるホテルだ。
中津渓谷 ゆの森 | 温泉こんこんと湧き出る湯をゆったりと楽しむ露天風呂。 家族みんなで賑やかに楽しむ大浴場。 どちらも訪れる方々をあたたかく迎えるゆの森自慢の湯のもてなし。 ぽかぽかと身体の芯まで温めてくれる 天然温泉です。
中津渓谷 ゆの森 | 温泉 から引用
宿泊したことは無いが、立ち寄り湯があるため中津渓谷に行った際などに時々利用している。
中津渓谷とは 中津渓谷(なかつけいこく)は仁淀川の支流、中津川に広がる景勝地だ。 中津明神山の裾野にあたる。 高知市内から車で1時間...
中津明神山とは 中津明神山(なかつみょうじんさん)は高知県吾川郡仁淀川町にある四国百名山。 標高は1,541mと高くないが、独立峰で展望...
ゆの森(高知県仁淀川町) ⇒ 中津渓谷に建つ温泉ホテル

味処おさき

この日は自宅を車で出発し、味処おさきでランチ。 まず仁淀川町役場の駐車場に車を停める。 町内の商店街を利用する際は、ここを自由に利用できるのでありがたい。 味処おさきには久しぶりに来たのだが、新型コロナウイルスの対応でテイクアウトを始めたようだ。 価格が100円値上がりしていた。 ツレはヒレカツランチ。 変わらぬボリューム。 ソースをたっぷりかけて頂く。 俺はロースカツランチ。 以前より味が落ちていて、ショック。

駐車場

食後車で出発し、中津渓谷に向かう。 国道33号線から、中津渓谷に折れる。 この日は2020年8月22日の土曜日、道路工事で片側交互通行になっていた。 ゆの森の駐車場に着いた時、外は土砂降りに。 しばらく車内で小降りになるのを待つ。

ロビー

しかしこの日は雨が激しく雷も鳴っていて、小降りになりそうな気配が無い。 小走りに、ゆの森の館内に向かった。 ロビーには、日本百名山の写真が飾られている。 売店でアイスクリームを買って食べる。

テラス

テラスに出てみた。 このテラスに出たのは、初めてだ。 中津川を見下ろす展望が、なかなかいい場所だ。 テラスの先に続くレストランには、結構な数の来客があった。

中津渓谷

雨が少し小降りになったので、中津渓谷への入り口に向かう。 雨のせいで、人影はない。 雨のせいか気温が下がり散歩したら気持ちよさそうだが、危険なので自重。 ツレはすぐ下まで歩いただけで、戻ってきた。 今回は諦め、自宅に戻ることにした。

感想

雨が降る予想をおして行ってみたものの、雷雨には勝てなかった。 それでも渓谷を見て、少しリフレッシュできた。 ゆの森は新型コロナウイルスのせいで客数も減ったようだが、それでも県外ナンバーの車が停まっており、GOTOトラベルのキャンペーン効果がみてとれる。 ここの温泉は露天風呂が気持ちいいので、多くの人に来てもらいたい。 味処おさきは値上がりした上に味が落ちて、かなり残念。 このままでは、もう行かないかも。