郡頭神社 ⇒ かつての二ノ宮の栄華を感じる

郡頭神社

郡頭神社とは

郡頭神社(こおりずじんじゃ)は、高知県高知市鴨部(かもべ)にある神社だ。 祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと) この周辺は鴨部といい、賀茂氏の所領だった。 その繁栄を祈願する神社で、1,000年以上の歴史を誇る。 郡頭(こおりず)とは珍しい名前だ。 由来書きによると、「古保里都神社」と字が当てられていたそうだ。 その由来ははっきりしない。 古来は信仰が非常に篤く、土佐神社に次ぐ土佐二ノ宮の地位にあったそうだ。 現在の二ノ宮は、小村神社だ。
小村神社とは 小村神社は(おむらじんじゃ)は、高知県高岡郡日高村(ひだかむら)に鎮座する神社だ。 土佐国二ノ宮として知られる。 ちなみ...
当時の郡頭神社の繁栄は、権力者だった賀茂氏の力関係だと考えられる。

駐車場

この日はとんかつ芳松でランチを済ませ、郡頭神社にやってきた。
とんかつ芳松とは とんかつ芳松(とんかつよしまつ)は、高知県吾川郡いの町枝川(あがわぐんいのちょうえだがわ)にあるレストランだ。 その名...
まずは一の鳥居を抜ける。 祭日の表記。 二の鳥居までやってきた。 二の鳥居の横に、1台分の駐車場がある。

境内

二ノ鳥居から境内までは、ミニミニサイズの神橋が架かっている。 狛犬。 牛の石像。
手水舎。 灯籠。 社務所。

参拝

拝殿。 コンクリート製の大きな建物だ。 本殿。 参拝を終え、摂社へ。 荒神宮と八幡宮が鎮座していた。 由緒書き。

裏参道

反対側の裏参道に回ってみる。 こちら側から見た本殿。 桜の花が、少し残っていた。 裏参道の入り口は、こんな感じだ。 鳥居の脇に、扁額。 大国主大神と書かれている。 参拝を終え、表参道に戻った。

感想

昭和56年に火事で全焼したため、社殿はコンクリート製で新しい。 それでも1,000年にわたり信仰を集めてきた歴史の重さを感じる場所だ。 近くに来たら、ぜひ立ち寄りたい。