農業大学校 ⇒ 学園祭で豚肉の試食に舌鼓

農業大学校

農業大学校とは

農業大学校は、正式には高知県立農業大学校(こうちけんりつのうぎょうだいがっこう)といい、その名の通り高知県が運営する専修学校だ。 高知県吾川郡いの町の、波川(はかわ)という場所に立地している。 ここを卒業することで、「専門士(農業専門課程)」の称号が与えられるそうだ。 こうした学校は、農業が主要産業の高知県には特に重要だ。 この農業大学校は仁淀川流域に位置し、自宅からもほど近い。 今回は農業大学校で学園祭があると言うことで学内に入れるので、昼食後に歩いて行ってみることにした。

月田上神社から歩く

この日は、まず月田上神社に参拝した。
月田上神社とは 月田上神社(つきだかずじんじゃ)は、高知県吾川郡いの町にある神社だ。 祭神は天御中主神(あめのみなかぬしのかみ) 七彩...
参拝後、田んぼの中を歩いて行く。 農業大学校の農場を横切り、坂道を上がっていくと校舎がある。 すでに売店が立ち並び、賑やかだ。

豚肉の試食

休憩コーナーでは、豚肉の試食があった。 ゆずを食べさせた豚の肉が比較されていて、なかなかおいしかった。 校庭の方に出てみると、主な行事は終了してしまったのか片付けをしている様子だ。 学校で生産した農産品なども販売していたようだが、ほとんど売り切れ状態だった。 少し来るのが遅すぎたのかも知れない。

感想

月田上神社まではよく歩くのだが、農業大学校まで来たのは本当に何年ぶりかのことだった。 普段は敷地内には入れないので、来る理由もないのだが。 この日はちょうど学園祭で一般入場が可能だったので、足を伸ばしてみた。 お昼を食べてから来たので、時間が少し遅すぎたのが残念だ。 やはり学園祭は、ここで買い物してお昼を済ませるくらいのことでないといけない。 地元にこうした高度な農業技術を学ぶ学校があるのは誇らしい。 農業が主要産業の高知県は、この卒業生が支えていくのだろう。 非常に頼もしく思った。 [sgpx gpx=”/wp-content/uploads/gpx/20181103_いの町.gpx”]