北海道旅行【第1日目】 ⇒ 高知県〜徳島県〜兵庫県〜大阪府〜奈良県〜三重県〜愛知県〜長野県の下道での長距離ドライブ

北海道旅行

北海道に出発

2019年9月、かねてより計画していた北海道旅行に出発。

今回の目的は2つ。

1 富士山登山
2 大雪山登山

そして、少し縛りを加えた。

  • 高速道路を使わない

もっともこの縛りは一人で移動する時だけで、ツレが一緒だと文句を言われるのがオチなので、素直に高速道路を使うつもりだ。

当初は9月4日に出発する予定だったのだが、諸般の事情により9日出発となった。

自宅を8時30分に出発、この日の目的地は道の駅信州平谷だ。

12時間くらいで着けばいいな、と考えての出発だ。

高知県〜徳島県

自宅からいったん職場に移動。

残務整理をしてから、10時前に職場を出発する。

国道32号線を北上し、国道192号線に折れる。

国道192号線を東進するのは、初めてかも知れない。

思った以上にトラックが行き交う道だ。

途中、昼時になったのでランチタイム。

讃岐うどんうだつ ⇒ 食後にアイスコーヒーをサービスしてくれてラッキー

食事を終え、さらに進んでいく。

ナビのガイドが今一で、淡路島に渡る大鳴門橋の手前でウロウロしてしまった。

素直に手前から高速道路に上がるべきだったと、少し後悔する。

高速道路を使わない、と言う縛りだが、結局の所は四国から本州に渡るにはフェリーを使うか本四架橋を使うかしないといけないのだから、無理がある。

最初から、無理なく「できるだけ高速道路を使わない」というポリシーにするべきだった。

おかげで、少しロス。

その代わり、大鳴門橋を渡った後は次のインターチェンジまで高速道路を進むことにした。

最寄りのインターチェンジで下りると山越えの道が残り、さらに時間的ロスが発生しそうだったからだ。

兵庫県〜大阪府

淡路島に渡ってからは、主に海岸線沿いのドライブとなる。

これがなかなか景色が良く、快適だった。

淡路島北部にさしかかると、小洒落たレストランなどが多数現れる。

ちょっと都会的な雰囲気だ(ここは兵庫県だから四国と違うのは当たり前か)

サンリオのレストランは、大変な人だかり。

平日だというのに駐車場は警備員が出て誘導していた。

さらにその先に、もっと混雑しているお店を発見。

幸せのパンケーキ淡路島テラス店というらしい。

幸せのパンケーキ 淡路島リゾート | カフェ&テラス夕日の美しい岬に
幸せのパンケーキ淡路島リゾートが
2019年7月7日オープン
パンケーキをご提供する淡路島テラスは
全席オーシャンビュー。テラス席やドッグエリア、波の音が聞こえる海際のカップルシート、
ファミリーシートもあります。

淡路島カフェではリゾートドリンク・プールバーが楽しめます。

リゾート内には幸せ広場や岬、桟橋などがあり、テニスやクルージングも楽しめます。

岬の先には岬のブランコやアクアリウムがあり、大人から子どもまで楽しめるリゾート施設が誕生しました。

幸せのパンケーキ 淡路島リゾート | カフェ&テラスから引用

若ければここでデートすれば楽しいだろうな、と思うのだが、おっさん一人旅には縁遠い場所だ(苦笑)

さらに進み、道の駅あわじに向かう。

こちらの方が、自分にふさわしい。

ここで明石焼きで小腹を満たす。

道の駅あわじ ⇒ 明石大橋を見ながら明石焼きに舌鼓

再び高速道路に乗り、明石大橋で本州に渡る。

インターチェンジを下り、ひたすら下道で神戸へ。

神戸に近くなると渋滞が始まり、大阪市内に入る頃には大渋滞になる。

予定を大幅に遅延して、大阪を通過。

開き直って、夕食は大東市の餃子の王将でゆっくり済ませることにした。

餃子の王将大東諸福店 ⇒ 餃子とニラレバ炒めでガッツリとディナー

食事を終え、ガソリンスタンドで最初の給油。

リッター136円と、高知県よりかなり安い。

この当時、高知県では152円くらいしていたから、助かる。

目的地変更

実は、出発前に目的地を当初の予定とは変更していた。

というのも、この時に台風が関東を直撃していたからだ。

この台風で千葉県が長期間大規模停電が発生するなど、関東地方は深刻な状態だった。

千葉の大規模停電の余波…住民を悩ませる「隠れ停電」と「再停電」とは? - FNN.jpプライムオンライン台風15号の被害発生から9月19日で11日目。少しずつライフラインの復旧が進む中、予想外の事態が起きていた。それは…“隠れ停電”だ。

千葉の大規模停電の余波…住民を悩ませる「隠れ停電」と「再停電」とは? – FNN.jpプライムオンラインから引用

とても富士山登山は無理、と判断したのだ。

そこで、急遽目的を恵那山登山に変更。

岐阜県の恵那山なら、台風の影響はないと判断したのだ。

そこで、この日の目的地は道の駅信州平谷としていた。

しかしこの時点でまだ大阪府にいる。

到着はかなり遅くなりそうだと、覚悟を決めた。

奈良県〜三重県

生駒山の山越えは、思った以上に大変だった。

幹線道路のはずなのだが、街路灯がない真っ暗な山道が続く。

しかも他の車は結構なスピードを出しており、運転していて少々怖いくらいだ。

ヘアピンカーブも多く見通しが悪い。

知らない道なので予測も難しく、慎重に進んだ。

生駒越えを終えてからも、とても幹線道路とは思えない寂しい道が続く。

一応奈良市を通って四日市市に抜ける幹線道路のはずなのだが、対向車もあまりおらず、寂しい道だ。

四日市でファミリーマートに入った時には、ようやく都会に来た、と実感したほどだ。

愛知県〜長野県

ここからが、また遠かった。

豊田市を通ったのだが、既に真っ暗で景色も何も見えない。

ひたすら先に進むだけ。

徐々に山深くなり、ようやく目的地の道の駅信州平谷に着いたのは、23時45分。

なんとか日付が変わる前に着いたのだが、出発してから15時間のロングドライブとなった。

正直、ヘトヘト。

道の駅信州平谷が涼しくて車中泊が快適だったのが救いだ。

道の駅信州平谷 ⇒ 静かで涼しい車中泊に最適な道の駅

Total distance: 507546 m
Max elevation: 1129 m
Min elevation: -7 m
Total climbing: 4268 m
Total descent: -3372 m
Total time: 19:14:19
Download