手結⇒可動橋がある港から美しい海岸線を散策。高知に来たらぜひ自転車でどうぞ。

芸西村
手結(てい)は高知市から車で東に40分ほど走った海岸。 昔から海水浴場として、高知県民に親しまれている。 ゴールデンウィークが始まった4月29日に、ここを散歩してみた。 まずは「道の駅やす」からスタート。 すぐに手結港が見えてきた。 ここには可動橋がある。 いつもは船が行きかえるように橋は上がっている。 1時間に10分程度この橋が下り、車や人が行きかえるようになる。 橋自体は、かなり小さい。 橋が動くところを見たことがなかったので、しばらく待って撮影してみた。
なかなか面白い。 さらに進むと、花が咲いていた。 灯台もあり、風情がある。 海がきれいだ。 ゴールデンウィークということもあり、多くの家族連れが潮干狩りをしていた。 昔はこの道に路面電車が走っていた。 その線路跡をサイクリングロードとして整備している。 路面電車が走っていただけあって、アップダウンもなく歩きやすい。 この海岸線は、美しい。 喫茶店でスムージーを頼んだ。 この日は暑かったので、冷たいスムージーが美味しい。 とても気持ちのいい散歩道だ。 サイクリングロードなので、自転車の方がおすすめかも知れない。