大山⇒雪渓をまとう霊山で強風に身も凍る(日本百名山19座目)

大山
大山(だいせん)は、鳥取県にある日本百名山。 標高1,729mで、中国地方の最高峰だ。 今回は、夏山登山コースを登ることにした。 夕方高知を出発し、夕暮れの瀬戸大橋を通る。 強風で車を持って行かれそうになり、怖かった。 無事に瀬戸大橋を通過し、鴻ノ池SAで夕食をとる。 この日はショウガ焼きをチョイス。 さらに車を進める。 降り出した雨が強くなり、前がよく見えない。 高速道路も対面通行となり、緊張を強いられた。 ようやく大山情報館駐車場に到着。 ここで仮眠して、翌朝登山することにした。 到着時の車内の気温は19.8度。 標高が高い割には寒くない一夜だった。 4:42起床。 朝の車内の気温は17度。 いい天気。 大山山頂には雲がかかっている。 駐車場には数台車が停まっていた。 朝食はパンだ。 夏山登山コースの登山口駐車場に移動。 こちらも既に数台駐車していた。 6:30登山開始。 ひたすら登りだ。 大山は霊山として知られる。 山吹色の登山道。 阿弥陀堂分岐で休憩(早っ!) ようやく一合目。 先が思いやられる。 二合目到着。 既に汗びっしょり。 このあたりは白い花が多い。 ズミだろうか。 三合目到着。 休憩ばかりだ。 四合目。 五合目に到着した時には、既に1時間以上が経過していた。 木立の向こうに見えるのは・・・ あと1.4km。 六合目からはいい眺め。 さっきちらりと見えた雪渓も、ここからはきれいに見える。 気持ちがいい眺め。 この標高では、まだ芽吹き始めたばかりだ。 おっとっと、雪渓に足を取られて滑落。 気持ちにも余裕が出てきた。 さらに登っていく。 山頂は近い。 トイレの注意書き。 ここからハイマツ帯だ。 木道を行く。 石室に到着。 崩れかけている。 平原の景色は美しいが、風が非常に強い。 吹きっさらしで、風をまともに受ける。 おまけにガスに包まれてきた。 山頂直下にある避難小屋に到着。 なかなか広い小屋だ。 少し早いが、ここでお昼ご飯にする。 この日はカップ麺。 冷え切った体には嬉しい。 食後しばらく待ってみたが、天候は回復しない。 仕方ないので山頂に一瞬だけ行き、記念撮影してすぐ下山した。 真っ白なので、写真は割愛(苦笑) 下山は途中から行者登山道に向かう。 ここまで降りてくると、ガスも晴れている。 山頂部分は雲がかかりやすいのだ。 元谷に到着。 ここから見る岩壁は、実に見事だ。 谷を渡りきった。 と、ここで道を間違えて、車道を行ってしまった。 前回通った記憶が無いのでおかしいと思い、地図で確認して気がついた。 この標識の前に車が停まっていて、見落としたようだ。 登山道に戻り、下山を続ける。 神社が見えてきた。 まずはトイレを借りる。 大きくてきれいなトイレだ。 ここは大神山神社の奥社だ。 立派な社殿が建っている。 参道が長く延びる。 大川寺まで降りてきた。 なかなか風情のある山門だ。 門前町に戻ってきた。 この参道沿いにある温泉で、登山の疲れを癒す。 豪円湯園だ。 なかなか立派な建物。 入浴料も380円と安い。 強風で冷え切った体が、一気に温まった。 汗を流したあとは、近くの円流院に参拝する。 ゲゲゲの鬼太郎の天井画で知られる。 堂内での撮影もOKだ。 壁面では、洋画展が開催されていた。 ゲゲゲの鬼太郎の天井画。 大山は何度登っても飽きさせない、楽しい山だ。 お天気は今ひとつだったが、満足感は高かった。 [sgpx gpx=”/wp-content/uploads/gpx/20170511_大山町大山.gpx”]