大船山⇒九重連山を一望できる山頂からは、高層湿原も楽しめる。坊ヶツルの法華院温泉もいい

大船山
大船山(たいせんざん)は、大分県竹田市の山だ。 九重連山を一望できる、絶景ポイントとして知られる。 標高も1,786mと、かなり高めだ。 この日は長者原登山口駐車場に車を止めた。 8:15と少し遅めだったが、あまり車は多くない。 九重連山が美しい。 まずは木道を歩く。 前日の雨で、登山道は悲惨な状況だ。 2時間ほどで、坊ヶツルが見えてきた。 坊ヶツルに到着。 実に広い湿原だ。 大船山登山口まで、しばらく歩く。 看板が立っていた。 ラムサール条約の看板。 10:50坊ヶツルのキャンプ場に到着。 あまりに空腹だったので、ランチに食べるはずだったカレーパンをここで食べる。 先が思いやられる(苦笑) 大船山登山道はまるで田んぼのよう。 悪戦苦闘しながら登る。 脇道もたくさんできていて、どこを通ったらいいのか迷ってしまう。 ようやく稜線に出た。 山頂まであと少しだ。 13:10大船山の山頂に到着。 高層湿原が美しい。 大船山 ここからは九重連山が一望できる。 素晴らしい景色だったが、モデルがいいので公開は自粛(笑) ランチはカレーパンを既に平らげてしまっていたので、カップ麺のみの寂しいものになった。 15:43登山道まで戻ってきた。 この日は坊ヶツルの法華院温泉に宿泊する。 坊ヶツルを横切っていく。 大船山のあとだと、少しの登りもきつく感じる。 ようやく山荘が見えてきた。 温泉の説明看板。 山荘はなかなか大きい。 大きな登山靴のモニュメントが飾ってあった。 「脚下照願」と書かれている。

脚下照顧、照顧脚下、看脚下

お寺の玄関や手洗いなどで「脚下照顧」「照顧脚下」「看脚下」などの文字を見かけたことがあると思います。禅系統で好んで使われる言葉です。いずれも「足下を見なさい」から転じて「履き物をそろえましょう」と標語的に使われています。 しかし、真意はもっと深いところにあります。脚下とは自分の足下。自分の足下を顧みるとは「我が身」や「我が心」を振り返れ、自分が今どうゆう立場にいるか、よく見極めて事に当たれと言うことです。

脚下照顧、照顧脚下、看脚下

標高1,303mと、九州では最も高い場所にある温泉だそうだ。 この日は個室に宿泊した。 山小屋に鍵がかかる個室があるとは驚いた。 これなら落ち着けそうだ。 隣の観音堂に参拝する。 夕食もなかなかのボリューム。 ビールがおいしかったのはいうまでも無い。 [sgpx gpx=”/wp-content/uploads/gpx/20170412_九重町田野.gpx”]