内子座(愛媛県内子町) ⇒ 100年の時を超えた芝居小屋が復活

内子座

内子座とは

内子座(うちこざ)は、愛媛県喜多郡内子町内子(えひめけんきたぐんうちこちょううちこ)にある芝居小屋だ。
内子座 | 内子町公式観光サイト「内子さんぽ」大正5年(1916年)に大正天皇の即位を祝い創建された内子座。木造2階建ての瓦葺き入母屋作り、純和風様式の本格的な芝居小屋として建設されました。回り舞台や花道、桝席、楽屋などがあり当時の建築技術の粋が集められた建造物です。 近年、老朽化のため取り壊されるところ、地元住民の熱意により改修が決定。昭和60年(1985年)に復原工事が完了し、芝居小屋として再出発を果たしました。今では、町内外の芸術文化活動の拠点として活用されています。
内子座 | 内子町公式観光サイト「内子さんぽ」 から引用
国の重要文化財に指定されている。
内子町(愛媛県内子町) ⇒ 内子町並駐車場〜街並み保存センター〜白髭稲荷大明神社〜上芳我邸〜本芳我家住宅〜森文醸造〜洋食マザー〜内子町ビジターセンター〜内子座〜商いと暮らし博物館〜八幡神社〜高昌寺

入り口

この日は洋食マザーでランチを済ませた。
洋食マザーは、愛媛県喜多郡内子町内子にあるレストランだ。外観は昭和の洋食屋さんなのだが、中は小ぎれいで明るい店だった。気さくな接客が好感MAX。料理は美味しく、なんと言ってもボリューム満点。近くにあったら、通いたくなるようなお店だ。
そこから歩いて、内子座にやってきた。 5台ほど停められそうな駐車場が整備されていた。 路地を入っていくと、内子座だ。 入り口に、由緒書き。 日本最古の芝居小屋は香川県にある「金丸座」で1835年の建設だ。
旧金毘羅大芝居「金丸座」 | 観光スポット | こんぴら へおいでまい | 古き良き文化の町ことひら 琴平町観光協会 天保6年(1835)に建てられた現存する日本最古の芝居小屋。「金丸座」の名称は明治33年につけられたものです。 昭和45年に国の重要文化財として指定され、この時、名称が旧金毘羅大芝居となりました。
旧金毘羅大芝居「金丸座」 | 観光スポット | こんぴら へおいでまい | 古き良き文化の町ことひら 琴平町観光協会  から引用
内子座は1916年の建設でそれよりは新しいが、100年以上前の建物だ。 幟が立って、いかにも芝居小屋という雰囲気だ。 上芳我邸で購入した共通入場券で入る。
上芳我邸は、愛媛県喜多郡内子町内子にある古民家だ。重要文化財に指定されている。明治時代にパリ万博で一世を風靡した内子町の木蝋の中でも、徳に品質面で高評価を得ていたそうだ。3階建ての、素晴らしい建物だ。木蠟資料館では木蝋生産について学べる。

舞台

中に入ると、ボランティアの方が説明してくれた。 すっぽんや回り舞台などの仕掛けがある。 舞台は意外と狭い。 枡席に入ることもできる。 枡席はとても狭く、ここに大人4人が座るとは信じられないほどだ。 最近は枡席を取り外して椅子席で公演することが多いそうだが、それも納得だ。 舞台には法被が用意されていて、それを着て記念撮影することができる。

奈落

奈落の底に降りてみた。 まず回り舞台の下へ。 現在は電動で回しているそうだ。 その先に、すっぽん。 こちらは今でも人力で昇降するそうで、なかなか大変そうだ。

2階

階段を上がって2階へ。 窓は当時のものが残っていて、風が吹き込みそうな隙間や歪んで見えるガラスのレトロ感が堪らない。 2階からでも舞台が近く、迫力がありそうだ。

外観

内部の見学を終え、外に出る。 屋根に飾られた招き猫ならぬ「招き狐」を忘れずに見よう。
招き狐がご招待!愛媛の芝居小屋「内子座」は100年の歴史 | 愛媛県 | LINEトラベルjp 旅行ガイド正面の屋根に飾られている「招き狐」には内子座が繁盛するようにという願いがこめられています。「招き猫」でないのは、この周辺では稲荷信仰が多いため。珍しく、そしてとっても愛らしい雰囲気でしょう^^
招き狐がご招待!愛媛の芝居小屋「内子座」は100年の歴史 | 愛媛県 | LINEトラベルjp 旅行ガイド から引用
先に進んだ。

感想

一時は映画館に改装され、解体の危機があったそうだ。 それでも地元の方々の情熱でこんなにきれいに復元され、定期的に公演も開催されている。 地元愛が詰まった場所だ。