岩屋川渓谷⇒岩屋神社から秋葉神社へ。紅葉の中、秋葉祭りの道を辿る。

岩屋川渓谷

岩屋川渓谷

岩屋川渓谷は仁淀川町にある景勝地。岩屋川は仁淀川の支流で、清流として知られている。 以前に何度かきたことがあるが、ずいぶん久しぶりだ。 紅葉を期待し、車を走らせた。

昼食後にまさかの事態

まずは途中の自由軒で昼食。11時過ぎというのにすでに行列ができていた。日曜ということもあるが、すざましい人気だ。 ここで五目ラーメンとチャーハンを食べた。 ダイエットは一時忘れることにした(笑) 昼食を済ませ、先に進む。大度ダムを過ぎると、曲がり角はすぐだ。 ところが仁淀川にかかる橋を渡ったところで、通行止の標識に行く手を阻まれた。どうやら先日の台風で崩落し、通行できなくなっているらしい。事前に情報がなく、予定外の事態だ。 そこで少し先に進み、愛媛県側の橋を渡って岩屋川渓谷に向かうことにした。この辺の土地勘があるところが、何度か来ている強みだ。

渓谷を歩く

ほどなくして、岩屋川渓谷の入口に到着。 本来ならこの場所は終着点となるはずだった。通行止でなければ渓谷の下から登って来るつもりだったのだ。上から下っていくのは初めてだ。 橋のたもとから遊歩道に下る。少し紅葉している。 中間地点にある紅葉橋を目指す。 岩屋川というだけあって、大きな岩がゴロゴロしているのが特徴だ。 流れは清冽そのもの。 しかし遊歩道はかなり荒れている。観光客はあまり来ていないように思われる。 それでもめげずに先に進む。遊歩道は荒れていても景色は素晴らしい。 大きな岩の裂け目を通った。 見上げると紅葉が美しい。

紅葉を眺めながらのコーヒータイム

中間地点の紅葉橋に到着。 地図が掲示されていて、安心感がある。 この橋は吊り橋で、紅葉の景観によく映える。 橋からの眺めもなかなかだ。 橋の少し下流に移動し、コーヒーを淹れることにした。この日のおやつは饅頭だ。 ダイエットは忘れることにしている。←しつこい

岩屋神社へ

先に進むと、駐車場に出た。 ここも少し紅葉している。 この先の遊歩道を進もうとしたのだが、あまりに荒れているので、車道を進むことにした。 岩屋神社に到着。 綺麗に維持されている。 岩屋というだけあって、大きな岩の天井がせり出している。 岩屋神社の先に、土佐と伊予の関所跡がある。 番所を守っていた市川家の屋敷に祀られていたのが、秋葉大神だ。今ではもっと標高の高い場所に遷宮され、秋葉神社となっている。 ここのしだれ桜は有名だ。 残念ながら、もちろん咲いていなかった。 通行できるのはここまで。 仕方がないので、車道を戻る。

秋葉神社に参拝

遊歩道から車で秋葉神社に向かう。 以前は徒歩で登った記憶があるが、今回は車にした。正解だった。 少し紅葉している。 立派な佇まいだ。 まずは参拝。 ここは土佐の三大祭りとして知られる秋葉祭りの会場だ。

感想

紅葉には1週間ほど早すぎたようだ。それでも少し紅葉した渓谷は美しかった。なにより日曜だというのに誰もいない静謐とした渓谷は、実に気持ちよかった。 [sgpx gpx=”/wp-content/uploads/gpx/20171112_岩屋川渓谷.gpx”]