仁淀川の花桃(高知県仁淀川町) ⇒ 上久喜の花桃をバックに鯉のぼりが舞う

上久喜の花桃

花桃とは

花桃(はなもも)は、バラ科の樹木だ。 花を観賞するために品種改良された。
ハナモモ - Wikipedia原産地は中国。花を観賞するために改良されたモモで、花つきがよいため、主に花を観賞する目的で庭木などによく利用される。日本で数多くの品種改良が行われ、種類が豊富。観賞用のハナモモとして改良が行われるようになったのは江戸時代に入ってからで、現在の園芸品種の多くも江戸時代のものが多い。サクラの開花前に咲くことが多い。長野県では桜より遅く、4月中旬から5月初めにかけて、各地の名所で観られる。桃の節句(雛祭り)に飾られる。結実するが実は小さく、食用には適さない。最近では、日本国外でもよく利用される。
ハナモモ – Wikipedia から引用
仁淀川沿岸は桜の名所が多いが、花桃も多く植えられており、春になると見事な景観を見せる。
ドライブイン引地橋とは ドライブイン引地橋(ひきちばし)は、高知県吾川郡仁淀川町にあるレストランだ。 ドライブイン引地橋 ホームペー...
今回はその中でもカメラ雑誌に何度も掲載される絶景ポイントとなっている「上久喜の花桃」を見に行った。
上久喜とは 久喜は高知県吾川郡仁淀川町の町だ。 仁淀川町役場から国道33号線を挟んで仁淀川側の一帯を指す。 この久喜には高知県最古...
仁淀川の花桃(高知県仁淀川町) ⇒ 上久喜の花桃をバックに鯉のぼりが舞う

駐車場

この日は池川で桜を見ながら散歩した。
仁淀川沿岸の高知県吾川郡仁淀川町池川。439交流館〜安の河原〜仁淀川ふれあい公園キャンプ場〜宮崎の河原キャンプ場をウォーキング。この日は2020年3月26日、階段を下りた広場の桜は既に満開だ。とても美しかった。人も少なく、静かに鑑賞できるのでお勧め。
そこから車で、上久喜にやってきた。 公民館の駐車場が開放されている。

花桃

茶畑の中を歩いて行き、花桃の群落に向かう。 地元住民が育ててきた。
上久喜の花桃 | 観光スポット | 一般社団法人 仁淀ブルー観光協議会仁淀川町上久喜地区にあり地区の新名所にと15年かけて植えてきた寒さに強い花桃。地元住民が大切に育てた桃の木に赤・白・ピンクの花が咲き乱れるその景色はまさに「桃源郷」と呼ぶにふさわしい。
上久喜の花桃 | 観光スポット | 一般社団法人 仁淀ブルー観光協議会 から引用
色とりどりの花桃が咲き乱れる。 菜の花の黄色、お茶畑の緑とのコントラストが美しい。 レンギョウの黄色もアクセントになっている。 花桃を楽しみながら、奥に進む。 まさに桃源郷。 段々畑に植えられている。 花に包まれる感覚だ。 鯉のぼりとの対比が面白い。 鑑賞を終え、集落に戻る。 お堂に到着。 内部はこんな感じ。 駐車場に戻ってきた。 車で寺村に向かった。
花の里は、高知県吾川郡仁淀川町寺村にある公園だ。住民が手づくりで整備している。寺村小学校の跡地が駐車場になっている。「令和のパラダイス」と書かれた手作り看板がほほえましい。以前に来た時はお茶の接待をして頂いたのだが、今年は新型コロナウイルスのせいで飲食の出店などはない。

感想

一見の価値がある場所だ。 桜と花桃の競演が、見応え満点。 インスタ映えするので、桃の季節にはぜひ訪れたい。
合計距離: 567 m
最高点の標高: 162 m
最低点の標高: 149 m
累積標高(上り): 20 m
累積標高(下り): -20 m
総所要時間: 00:18:28
Download file: 20200326_上久喜.gpx