ひょうたん桜(高知県仁淀川町) ⇒ 樹高21m樹齢500年の巨木に満開の桜を愛でる

ひょうたん桜

ひょうたん桜とは

ひょうたん桜(ひょうたんざくら)は、高知県吾川郡仁淀川町桜(こうちけんあがわぐんによどがわちょうさくら)にある桜の木だ。

樹齢500年、樹高21mの巨木で桜の名所として知られ、シーズンになると多くの観光客が訪れる。

ひょうたん桜の名称は、蕾がひょうたん型をしていることにちなんでいる。

ひょうたん桜|仁淀川町樹齢約五百年、樹高21m、根元廻り6m、県の天然記念物にも指定されている桜の古木です。学名はウバヒガンですが、つぼみの形がひょうたんに似ていることからいつしか「ひょうたん桜」と呼ばれるようになりました。また、「ひょうたん桜」のある地区は元々「大藪」という字名でしたが、この桜にちなんで昭和33年に「桜」と改称されました。

ひょうたん桜|仁淀川町 から引用

ひょうたん桜(高知県仁淀川町) ⇒ 樹高21m樹齢500年の巨木に満開の桜を愛でる
詳細ブログ ひょうたん桜 は、 #高知県 #吾川郡 #仁淀川町 #桜 にある #桜の木 だ。樹齢500年、樹高21mの #巨木 で #桜の名所 として知られ、シーズンになると多くの観光客が訪れる。ひょうたん桜の名...

珈琲館苑でランチ

2021年3月22日、この日は自宅を車で出発し、珈琲館苑(こーひーかんえん)にやってきた。

珈琲館苑(高知県日高村) ⇒ 天井が高い木の香りがしそうなゆったり空間で日替わりランチ
珈琲館苑とは 珈琲館苑(こーひーかんえん)は、高知県高岡郡日高村岩目地(こうちけんたかおかぐんひだかむらいわめじ)にある喫茶店だ。 ...

この日の日替わりランチは、鮭のフライと豚の冷しゃぶだった。この日の日替わりランチは 鮭のフライと豚の冷しゃぶだった

ここはメインのおかずが2品あるので、お気に入りだ。ここはメインのおかずが2品あるので お気に入りだ

長屋大橋

食事を終え、車で長屋大橋を渡り登り口途中の路側帯に車を停める。食事を終え 車で長屋大橋を渡り登り口途中の路側帯に車を停める

昨年同様ここから歩いて、ひょうたん桜まで行くことにした。

ひょうたん桜(高知県仁淀川町) ⇒ 樹齢500年の巨木に満開の桜がたなびく
ひょうたん桜(ひょうたんざくら)は、高知県吾川郡仁淀川町桜(こうちけんあがわぐんによどがわちょうさくら)にある桜の木だ。樹齢500年、樹高21mの巨木で桜の名所として知られ、シーズンになると多くの観光客が訪れる。ひょうたん桜の名称は、蕾がひょうたん型をしていることにちなんでいる。

仁淀川町はお茶の産地として有名だ。仁淀川町はお茶の産地として有名だ

茶畑の中を歩いて行く。茶畑の中を歩いて行く

途中の道沿いも花盛りだ。途中の道沿いも花盛りだ

駐車場

ひょうたん桜が見えてきた。ひょうたん桜が見えてきた

桜の時期は登りの道に駐車場の車が並ぶ。

ミツマタもきれいだ。ミツマタもきれいだ

駐車場は意外と空いていた。駐車場は意外と空いていた

昨年は駐車場待ちの車が数十台並んでいたのだが。

ここは標高418m、ここまでで標高差272mを登ってきたことになる。ここは標高418m ここまでで標高差272mを登ってきたことになる

ひょうたん桜

ひょうたん桜に向かう。ひょうたん桜に向かう

樹高21mの巨木だ。樹高21mの巨木だ

天然記念物に指定されている。天然記念物に指定されている

このあたりは以前は大藪(おおやぶ)という地名だったが、桜(さくら)という地名に変更したほど、保存に力を入れている。

下山

しばらくひょうたん桜を見ながら休憩し、下山することにした。しばらくひょうたん桜を見ながら休憩し 下山することにした

途中で町役場からの道を離れ、下山を続ける。途中で町役場からの道を離れ 下山を続ける

道路歩き

田村橋まで下りてきた。田村橋まで下りてきた

処理場の花桃を見物。処理場の花桃を見物

長屋大橋が見えてきた。長屋大橋が見えてきた

長屋大橋からは沈下橋がよく見える。長屋大橋からは沈下橋がよく見える

車に戻り、先に進んだ。

花の里(高知県仁淀川町) ⇒ 満開のハナモモが日本一の清流仁淀川を背景に映える
花の里 花の里(はなのさと)は、高知県吾川郡仁淀川町寺村(こうちけんあがわぐんによどがわちょうてらむら)にある公園だ。 住民が手づく...
合計距離: 7528 m
最高点の標高: 429 m
最低点の標高: 120 m
累積標高(上り): 526 m
累積標高(下り): -525 m
総所要時間: 02:06:52
Download file: 20210322_しだれ桜.gpx