八代の舞台 ⇒ さらに宗安寺、朝倉神社を巡る

八代の舞台

八代の舞台とは

八代の舞台(やしろのぶたい)は、高知県吾川郡いの町にある八代八幡宮の境内にある芝居小屋だ。 現在でも11月5日に地元の青年による農村歌舞伎が行われている。 昭和51年には国の重要有形民俗文化財に指定された。

芳松でトンカツ

この日は芳松でランチ。
とんかつ芳松とは とんかつ芳松(とんかつよしまつ)は、高知県吾川郡いの町枝川(あがわぐんいのちょうえだがわ)にあるレストランだ。 その名...
この店は以前は洋食店だったのだが、現在ではトンカツ専門店として営業している。 比較的あっさり食べられるので、年配者にもお勧めだ。

八代八幡宮

食事を済ませ、徒歩で八代八幡宮(やしろはちまんぐう)に向かう。 鳥居の前には、八代の舞台の看板が立てられている。 灯籠もとても古い。 石段を登ると、拝殿だ。

八代の舞台

拝殿の向かいに、八代の舞台がある。 とても古い建物だが、約100年前に建てられたそうだ。 ここで八代の舞が演じられるのだ。 全国的にも珍しい建物だそうだ。

宗安禅寺

参拝を済ませ、徒歩で宗安禅寺(そうあんぜんじ)を目指す。 宗安禅寺は、高知県高知市にある臨済宗妙心寺派の寺院だ。
宗安禅寺 ⇒ 上流から流れてきた不動尊を祀る 宗安禅寺とは 朝日山宗安禅寺(ちょうにちざんそうあんぜんじ)は、高知県高知市宗安寺(こうち...
桃の花が咲いていた。 本堂に参拝する。 この寺は、川上不動尊(かわかみふどうそん)と呼ばれることも多い。 これは本尊の不動明王像が、洪水の時に鏡川の上流から流れてきたかららしい。 日本三大不動尊の一つだ。 この不動明王像は、国の重要文化財に指定されている。

鏡川

宗安禅寺の前を流れているのは、鏡川(かがみがわ)だ。 坂本龍馬も泳いでいたと伝わる、高知市中心部を流れる川だ。
朝倉とは 朝倉(あさくら)は、高知県高知市(こうちけんこうちし)にある町だ。 高知大学が立地し、学生向けのマンションも多い。 飲食店も...
宗安寺から下流に歩いて行くと、岩ヶ淵がある。 風光明媚な場所だ。 祠に参拝。

朝倉神社

さらに歩いて行くと、朝倉神社(あさくらじんじゃ)が鎮座する。 天津羽羽神 (あまつははがみ)と天豊財重日足姫天皇 (あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと)を祭神とする。 宮司が公式ホームページで、神社については別のサイトを参照しろ、と書いているのは珍しい(笑) 土佐国二宮と称されるが、実は二宮は小村神社だ。
小村神社とは 小村神社は(おむらじんじゃ)は、高知県高岡郡日高村(ひだかむら)に鎮座する神社だ。 土佐国二ノ宮として知られる。 ちなみ...
ウィキペディアによれば、中世に朝倉神社を二宮という説が出たらしい。 いずれにせよ、社格が高いのは間違いない。 拝殿。 由来書き。 これによれば、赤鬼山が発祥の地らしい。 そういえば古墳がある。 つまり、かなり古くからこの地に鎮座していることになる。 本殿は改修工事中だった。

朝倉古墳

朝倉神社に続く古墳が、この朝倉古墳(あさくらこふん)だ。 7世紀前半のものと考えられているそうだ。 凄い存在感だ。

感想

このルートは今回初めて歩いてみた。 八代の舞台から宗安寺に抜ける道は歩道がなく、また高知市といの町を結ぶ抜け道になっていて交通量が多いため、歩いていて少し怖かった。 散策にはあまりおすすめしない。 それでも、宗安寺以降は歩きやすく気持ちのいい道だった。 それぞれの場所にそれぞれの歴史があり、悠久の時を感じながら歩くのもいいものだ。