伊予富士⇒紅葉の名所は手軽に稜線歩きを楽しめる美しい山

伊予富士
伊予富士は四国山地にそびえる標高1,756mの山だ。 高さこそさしてないが、その山容は美しく、笹原を行く登山道も実に気持ちがいい。俺が最も好きな山の一つだ。 本当は仁淀川ではなく吉野川の源流域なのだが、好きな山なので紹介してしまおう(笑)
伊予富士 – いよふじ:標高1,756m-中国・四国:石鎚山地 – Yamakei Online / 山と溪谷社
富士と名がついているものの、石鎚連峰の一員であるこの伊予富士は、独立峰ではなく、いわゆる「富士山」的な山容にも見えないため控えめな存在の山。しかし山頂からの大展望は魅力的で人気の山。 …
富士と名がついているものの、石鎚連峰の一員であるこの伊予富士は、独立峰ではなく、いわゆる「富士山」的な山容にも見えないため控えめな存在の山。しかし山頂からの大展望は魅力的で人気の山。
この日は伊予富士登山口からの最短ルートを選択した。 この日は10月の末。紅葉は既に登山口から遙か下に下がっていて、紅葉を見下ろす感じだった。 9:45登山口に到着。 最初は少々きつい登りだ。 この登山道は眺望が良い。 四国山地の南側、中津明神岳や天狗高原などが一望できる。 すぐに笹原に出る。森林限界が低いのも特徴の一つだ。気持ちの良い登山道が続く。 普通に伊予富士を目指すとあっという間に着いてしまうので、この日はまず東黒森を目指した。 10:45東黒森に到着。 1,735mの山だ。ここからは自念子ノ頭や東黒森、瓶ヶ森、そして石鎚山まできれいに見渡せる。 しばらく休憩し、伊予富士を目指す。 11:40伊予富士に登頂。 山頂には5人ほど登山客がいた。 昼食をとり、しばらくくつろいで13:00下山した。 コースタイムも短く手軽に登れる割に、美しい稜線歩きを楽しめる。 ぜひ一度登頂して欲しい山だ。 [sgpx gpx=”/wp-content/uploads/gpx/伊予富士.gpx”]

その他の伊予富士の山行記録

伊予富士とは 伊予富士は、愛媛県と高知県の県境の山だ。 標高は1,756m。 富士と名がついているものの、石鎚連峰の一員である...
伊予富士とは 伊予富士は、愛媛県と高知県の県境にそびえる山だ。 標高は1,756m。 家から近いこともあり、毎年何度か登っている。 ...