伊予富士 ⇒ 初秋の登山は笹こぎで悪戦苦闘

伊予富士登山

伊予富士とは

伊予富士は、愛媛県と高知県の県境の山だ。

標高は1,756m。

伊予富士 - いよふじ:標高1,756m-中国・四国:石鎚山地 - Yamakei Online / 山と溪谷社富士と名がついているものの、石鎚連峰の一員であるこの伊予富士は、独立峰ではなく、いわゆる「富士山」的な山容にも見えないため控えめな存在の山。しかし山頂からの大展望は魅力的で人気の山。

伊予富士 – いよふじ:標高1,756m-中国・四国:石鎚山地 – Yamakei Online / 山と溪谷社から引用

家から近いこともあり、毎年何度か登っている。

伊予富士 ⇒ 寒風山登山口コースで山頂を目指すもガスの中

伊予富士⇒紅葉の名所は手軽に稜線歩きを楽しめる美しい山

最近ちょっと登山をサボっていたので、10ヶ月ぶりに伊予富士で足慣らしをしようと出かけた。

道の駅木の香

この日は自宅を車で出発し、国道194号線を北上する。

途中、道の駅木の香に立ち寄った。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

ここでトイレ休憩。

ここから、旧寒風山トンネルまで高度を上げていく。

寒風山登山口

山道を行くと、旧寒風山トンネル入り口だ。

ここは、寒風山への登山口がある。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

寒風山⇒アケボノツツジをまとった笹原の山は手軽に絶景を楽しめる

ここからも伊予富士に行くことができるのだが、今回はよりコースタイムが短い伊予富士登山口から登ることにした。

伊予富士登山口

10:50伊予富士登山口に到着。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

路肩の広いところに車を停める。

ここは4台ほど停められるスペースがある。

ここからなら、1時間ほどで山頂だ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

登山開始

登山口からは、ゆるやかな登りが続く。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

この日は2019年9月2日、9月に入ったとはいえ蒸し暑い日だったので、既に汗だくだ。

やがて、東黒森山との分岐点に到着。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

ここから先は、笹原歩きになる。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

ところが笹が思ったより深く、さらに前日の雨でぬかるんでいて、足下はドロドロだ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

稜線歩きで気持ちいいはずなのだが、笹こぎに悪戦苦闘する。

山頂

12:14山頂に到着。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

標高は1756mだ。

残念ながらガスが出ていて、眺望は今ひとつ。

さっそくお弁当を頂く。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

この日は、山屋紅のお弁当だ。

ごはん処山屋紅 ⇒ おばちゃんがのんびり営業しているほっこり食堂

登山に持って行くというと、おかずとごはんを別のパックに詰めてザックに入りやすくしてくれる。

細かな気遣いが嬉しい店だ。

今回の登山で新しく投入したグッズが、テーブルだ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

かさばるが軽いので、持ち運びは苦にならない。

食事が、少しグレードアップした気がする。

食後は、コーヒーを淹れて少しゆっくりした。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

下山

下山は、元来た道を戻る。

総じて初心者向けの登山道なのだが、崩落した箇所が1箇所、岩場を通過する箇所が1箇所ある。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

ここは要注意だ。

14:18伊予富士登山口に帰ってきた。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

木の香温泉

登山後は車で山を下り、来る時に休憩した道の駅木の香に向かう。

隣接する木の香温泉に入る。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

木の香温泉 ⇒ 露天風呂とサウナでシャキッとリフレッシュ

とても空いていて、ゆったり露天風呂を楽しんだ。

風呂上がりは、道の駅で売っているソフトクリームだ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

ここのソフトクリームは、濃厚で美味しい。

温泉で割引券をもらえるので、忘れないように。

感想

気軽に登れる山なのだが、久しぶりの登山と言うこともありかなり疲れた。

蒸し暑かったことと笹漕ぎで足下が見えず、気を遣ったこともあるだろう。

山頂ではガスのせいで眺望が今ひとつだった。

まあ前回はまるで見えなかったので、それよりはましだったが。

Total distance: 3118 m
Max elevation: 1757 m
Min elevation: 1540 m
Total climbing: 256 m
Total descent: -272 m
Total time: 03:29:53
Download