えびすや旅館(愛媛県伊方町) ⇒ 昭和初期のレトロな建物で魚を食べ尽くす

えびすや旅館

えびすや旅館とは

えびすや旅館(えびすやりょかん)は、愛媛県西宇和郡伊方町三崎(えひめけんにしうわぐんいかたちょうみさき)にある日本旅館だ。
えびすや旅館 | 泊まる | 愛媛県伊方町観光サイト さだみさきナビ三崎地区にある、昭和3年創業の風情あるたたずまいの旅館です。まさに昭和初期の時代の雰囲気そのままに、心休まるひと時をお過ごしいただけます。もちろん佐田岬の新鮮な海の幸を満喫いただけます。
えびすや旅館 | 泊まる | 愛媛県伊方町観光サイト さだみさきナビ から引用
今回はGOTOトラベルのキャンペーンと愛媛県のキャンペーンによってダブルで格安で宿泊できるということで、利用させてもらうことにした。
えびすや旅館(愛媛県伊方町) ⇒ 昭和初期のレトロな建物で魚を食べ尽くす

駐車場

この日は道の駅伊方きらら館などに立ち寄った。
道の駅伊方きらら舘は、愛媛県西宇和郡伊方町九町にある道の駅だ。四国唯一の原子力発電所である伊方原発に隣接する。展望台からの眺めを、存分に堪能できた。伊方ビジターズハウスは子供連れなら必見。権現山展望台は、まあ行かなくてもいいかな(苦笑)
そこから車で、えびすや旅館にやってきた。 はじめは駐車場が分からず、路上に駐車したまま徒歩でえびすや旅館に行き、駐車場の場所を聞いてそこに移動した。 駐車場は、建物の裏側の露地を入ったところにあった。 舗装はされていないが、広さは十分だ。 ここから荷物を持って、ぐるりと建物を回っていく。 雨の日とかは、大変そうだ。

館内

外観は、昔懐かしい日本旅館そのものだ。 入ってすぐ階段があり、2階に案内される。

部屋

今回泊まったのは、2階の奥の一号室だ。 角部屋で、通路を挟んで窓がある。 8畳間だが、本間なので広い。 エアコン、テレビ、冷蔵庫、湯沸かしポット(エア式!!)完備。 お茶を淹れて、少し休憩。 日本茶だけでなくコーヒーセットもあり、言うこと無しだ。 Wifiは、少し残念。 遅い上にブツブツ切れるので、仕事には使えなかった。

風呂

トイレと風呂は共用なので、荷物を置いて風呂に行くことにした。 階段のところに、共用スペースがある。 そこには真空管アンプのレトロなオーディオセットがあり、ジャズがかかっている。 その先に、自動販売機。 トイレは共用で、男女別に1つずつ。 もちろん水洗で、温水便座。 タンスの上には、外国人が喜びそうな飾り。 この階段を降りたところが、風呂場だ。 階段が狭くて急なのは、この時代なら普通。 風呂場は交代で利用する、家族風呂になっている。 広くは無いが、家族4人で利用するくらいなら不足無い。 ゆっくり風呂に浸かり、佐田岬に向かった。
佐田岬は、愛媛県西宇和郡伊方町正野にある。日本一長い半島である佐田岬半島の最西端にあり、四国最西端でもある。駐車場から椿山展望台、佐田岬灯台、御籠島まで歩いて夕焼けに染まる海の景色を楽しんだ。見どころ満載で、飽きることが無い。歩くには距離と高低差があるので、時間に余裕を持って歩くべきだ。

夕食

佐田岬観光から帰ると、お待ちかねの夕食だ。 夕食は、階段横の食堂で取る。 まず蛸ぬたとカツオのタタキ。 刺身の舟盛りが出て2人分だと思ったら、1人分だった(驚) ウニがのった茶碗蒸し。 アジの煮付け。 九州側で水揚げされたら「関鯵」と呼ばれるアジだけに、味は大満足だ。 日本酒も頼んでみた。 サザエの壺焼きも。 締めは、なめろうが乗ったおにぎり茶漬け。 苦しくなるくらい、お腹いっぱいになった。

朝食

朝食も同じ食堂で頂く。 朝から巨大なかぶと焼きが出て、驚く。 品数も多く、食べきれないほどだ(食べたけど) チェックアウトし、先に進んだ。
長浜町は、愛媛県大洲市にある町だ。坂本龍馬が脱藩した際に、ここから船に乗ったことで知られる。宿泊した冨屋金兵衛邸が現存しており、実際に宿泊もできる。また国指定の重要文化財になっている赤橋は、日本唯一の道路可動橋だ。坂本龍馬つながりの町として、ぜひ頑張ってもらいたい。

感想

昭和初期のレトロな風情を楽しむ旅館だ。 部屋の障子は破れているし壁には穴、ガラスは欠け、窓の建て付けは悪い。 備品も古い。 そういうことを納得できる人なら、とても楽しめる。 なんと言っても、食事が素晴らしい。 海の幸を堪能できる旅館だ。