民宿白布屋/山形県米沢市【白布温泉】レトロ感たっぷりの民宿で米沢牛を囲炉裏で焼肉

白布屋

民宿白布屋とは

白布温泉(しらぶおんせん)は山形県米沢市にある温泉地だ。

湯治場としても400年を越える歴史を有する古い温泉で、福島市の高湯温泉、山形市の蔵王温泉とともに奥羽三高湯と称される。

白布温泉 | 山形県吾妻連峰の中腹、標高850メートルに位置する白布温泉。蔵王温泉(山形市)、高湯温泉(福島市)と並び「奥羽三高湯」と称され、古くからの湯治場として知られています。秋の終わりにはひと足早く雪をいただき、4月頃まで白さが残る山里の温泉地を紹介します。

白布温泉 | 山形県 から引用

今回宿泊するのは、この白布温泉にある民宿白布屋(しらぶや)だ。

民宿 白布屋 | 山形県米沢市にある民宿です。山形県米沢市にある民宿 白布屋です。料理は地元米沢の黒毛和牛を堪能できる米沢牛焼肉。
お泊まりのお客様にはステンドグラス制作体験(別途料金)も行えます。
ごゆっくりとおくつろぎください。

民宿 白布屋 | 山形県米沢市にある民宿です。 から引用

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

駐車場

2021年10月10日、この日は西吾妻山に登山した。

吾妻山/山形県米沢市【日本百名山45座目】天元台ロープウェイで天空の庭にお手軽登山
吾妻山は、福島県耶麻郡北塩原村と山形県米沢市の県境に沿って東西に伸びる火山群だ。最高峰の西吾妻山は標高2,035mで、日本百名山。天元台ロープウェイとリフト3基を乗り継いで、標高1,820mまで上がる。湿原でランチ。西吾妻山の山頂は展望もなく、山頂らしからぬ山頂だ。

そこから車で、民宿白布屋にやってきた。民宿白布屋にやってきた

合計距離: 5356 m
最高点の標高: 1817 m
最低点の標高: 802 m
累積標高(上り): 94 m
累積標高(下り): -1107 m
総所要時間: 02:59:48
Download file: 20211010_米沢市下山.gpx

駐車場は店頭に1台、道の向かい側の路地に1台分ある。駐車場は店頭に1台 道の向かい側の路地に1台分ある

館内

外観を見ると、大丈夫か?と思ってしまう(苦笑)外観を見ると 大丈夫か と思ってしまう 苦笑

オーナーが作ったステンドグラスが飾られている。オーナーが作ったステンドグラスが飾られている

ステンドグラス教室も開かれているそうだ。

工房 | 民宿 白布屋世界でひとつだけ、あなただけのステンドグラスを作ってみませんか?
はじめての方でも親切丁寧に教えます。
お泊りのお客様であれば、随時ステンドグラス制作体験ができるようになっております。

ステンドグラス制作体験
¥1,500(材料費込み)

工房 | 民宿 白布屋 から引用

オーナーが一人で切り盛りしている。

厨房の前を通って、館内へ。厨房の前を通って 館内へ

食堂は囲炉裏が据えられている。食堂は囲炉裏が据えられている

部屋

今回は1号室で、トリプルベッドルームだ(布団だけど)

レトロ感がたまりませんね。

窓からの景色はこんな感じ。窓からの景色はこんな感じ

ハンガーがたくさん用意されているのは、連泊用だろうか。ハンガーがたくさん用意されているのは 連泊用だろうか

トイレは共用で、こんな感じ。トイレは共用で こんな感じ

温水便座だ。

男性用がどこか分からなくてウロウロする俺。

すぐ左側だったのだが気づかない俺(汗;)

wifiがないのは、残念。

風呂

風呂は外風呂で、歩いて5分ほどの所にある白布温泉中屋旅館まで行ってきた。

オリンピック湯という、細長いプールのようなお風呂だった。

白布温泉 中屋別館 不動閣 温泉【楽天トラベル】開湯は1312年。1分間1500リットルの天然温泉が700年以上自然湧出している白布温泉の湯は無色透明で湯の花が湯船に舞います。最上川源流を望む長〜い浴槽の名物「オリンピック風呂」と四季折々の山の風景を楽しめる「露天風呂」にて歴史の湯を満喫くださ

白布温泉 中屋別館 不動閣 温泉【楽天トラベル】 から引用

露天風呂もあったが遠いので、まあ行かなくてもいいかな、という感じだった。

白布温泉は硫黄泉と聞いていたが、全然硫黄の臭いはせず無色透明の湯だった。

夕食

時間になったので、お待ちかねの夕食タイム。

今回は奥の囲炉裏の席を用意してくれた。今回は奥の囲炉裏の席を用意してくれた

夢にまで見た(苦笑)米沢牛の焼肉だ。夢にまで見た 苦笑 米沢牛の焼肉だ

付け合わせは大根おろし、枝豆、お新香、煮物、キムチ。付け合わせは大根おろし 枝豆 お新香

メチャ柔らかい。

量も多くて、大満足だ。

朝食

翌朝の朝食は、こんな感じ。翌朝の朝食は こんな感じ

囲炉裏で焼く米沢牛の焼肉は絶品だし朝食も美味しい。

外観にひるんでしまうし風呂は遠いが、そうしたところが気にならない人にはいい宿ではないだろうか。

ただ温泉は高湯温泉

玉子湯(福島県福島市) ⇒ 奥州三高湯とされる名湯で400年前から続く温泉に入る
玉子湯は、福島県福島市町庭坂高湯の高湯温泉にある温泉旅館だ。高湯温泉は奥州三高湯とされる名湯だ。その中でも玉子湯は400年前から続き、明治元年に建てられた萱葺き屋根の露天風呂が現存する伝統旅館だ。泉質は素晴らしく、過去最高かも知れないほど。

蔵王温泉

蔵王温泉善七乃湯 ⇒ 貸し切り露天風呂でまったり
蔵王温泉とは 蔵王温泉(ざおうおんせん)は、山形県山形市にある温泉地だ。 強酸性の泉質で、多くの共同浴場や日帰り入浴施設がある。 ...

この2つが素晴らしい泉質だっただけに、これと並ぶ奥羽三高湯かというと、ちょっと疑問だ。

車で先に進んだ。

吾妻小富士【ハイキング】磐梯吾妻スカイラインで手軽に登れる標高1,707mのお手軽登山【浄土平】トレッキング
吾妻小富士は、福島県福島市にある山だ。吾妻連峰のひとつで、標高は1,707m。磐梯吾妻スカイラインで手軽に登れるため、人気がある。猛烈な風が吹いてきた。あえなく撤収することにした(汗;)浄土平に下りてきて、湿原歩き。レストハウスでランチ。