祖母山⇒行きはよいよい、帰りは怖い。急登に渡渉でヒヤヒヤ(日本百名山18座目)

祖母山
祖母山(そぼさん)は、大分県、宮崎県、熊本県の県境にある日本百名山。 標高1,756mで、宮崎県の最高峰だ。 8:00北谷駐車場に到着。 既に3台の車が停まっていた。 実はこの駐車場までの道が未舗装のダート道で、しかも凹凸が激しく、フリードプラスではかなり苦戦した。 新車だから、下をこすったりしたくないしね。 こんな道を通ると、SUVがうらやましくなる。 大野川源流の碑が立っていた。 トイレがあった。 中に書いてあった注意書きが面白い。 水洗でないのは仕方ないにしろ、もう少し清潔にしておいてほしいものだ。 今回は、この北谷登山口から周遊するコースを選んだ。 登山口。 しばらく歩いたところで忘れ物に気づき、車まで取りに戻る。 20分ほどのロスだ。 しかし時間より精神的な負担が大きかった。 それが、後々ジワジワと効いてくるのだった。 1合目。 林の中の気持ちいいルートだ。 8:45に2合目到着。 既に息が上がっていた。 3合目に着いた頃には、かなりへばっていた。 4合目に到着。 前日は久住山に登ったのだが、その朝泊まっていた法華院温泉で一緒だったおじさんと少し話をする。
久住山(くじゅうさん)は、大分県竹田市の日本百名山。 九重山(九重連山)のひとつだ。 大分県久住町(現・竹田市久住町)の西部にある山...
たまたま同じルート、大船山→法華院温泉泊→久住山→祖母山というルートだそうだ。 遠くから来ると一気に登らざるを得ないので、こうした3連チャンになりがちなのだろう。 6合目に到着。 祖母山の山頂が見えた。 7合目。 ここは少し開けていて、公園のようになっている。 8合目。 あと少しだ。 9合目の看板に元気づけられる。 11:45祖母山の山頂に到着。 祖母山 祠に参拝する。 昨日、おととい登った九重連山が正面に見える。 阿蘇山もきれいだ。 ランチはコンビニおにぎり。 1時間ほどくつろいで、下山開始。 下山ルートはかなりの距離だった。 風穴まで来た。 せっかくなので降りてみることにした。 はしごで下りる。 吹き出してくる冷風が心地よい。 その後も岩場が続く。 少し滑落したのはナイショだ(苦笑) その後も渡渉があり、ビビりまくる。 ようやく出口の看板があった。 正直、ホッとした。 15:09駐車場に到着。 この夜は道の駅阿蘇で車中泊だ。
合計距離: 8158 m
最高点の標高: 1761 m
最低点の標高: 1102 m
累積標高(上り): 811 m
累積標高(下り): -792 m
総所要時間: 07:14:16
Download file: 20170414_祖母山.gpx