大平山 ⇒ 標高155mの低山ながらも太平洋を見渡せる大展望が楽しめる里山

大平山

大平山とは

大平山(おおひらやま)は、高知県高知市十津(こうちけんこうちしとおづ)にある山だ。

標高は155mと低いが太平洋に面しているため展望が良く、足摺岬から室戸岬まで、また北は国見山や工石山、四国山地まで一望できる。

工石山 ⇒ 高知市民に愛される1,000m峰は鏡川の源流
工石山とは 工石山(くいしやま)は、高知県高知市の山だ。 標高は1,176mで、高知市内から近く展望が良いことから人気が高い。 ...

仁井田公園

この日は仁井田神社に参拝した。

仁井田神社 ⇒ 樹齢700年以上のご神木が立つ相撲のメッカ
仁井田神社とは 仁井田神社(にいだじんじゃ)は、高知県高知市仁井田(こうちけんこうちしにいだ)にある神社だ。 祭神は、大日本根子彦布図瓊...

そこから徒歩で、仁井田公園にやってきた。

太鼓橋のたもとに遊歩道の看板があった。

おもしろそうなので、行ってみることにした。

途中にお宮があり、参拝する。

この時、ちょうど遊歩道を上ってくる人がいてコースについて説明してくれた。

どうやら山頂まで遊歩道が続いていて、観音堂などもあるらしい。

長い階段を上っていく。

ベンチがある広場に出た。

眼下に、さっき通ってきた団地が見える。

愛宕山観音堂

さらに上っていくと、桂浜の方が見渡せた。

その先に、観音堂と仁井田神社の分岐点があった。

どうやら仁井田神社からも上ってこられるようだ。

その上に祠があって、参拝して登山を続ける。

愛宕山観音堂に到着。

ここにはベンチが多数設置されており、桂浜から三里方面が一望できた。

大平山の山頂

さっき遊歩道で説明してくれた人が追いついてきて、この先に大平山の山頂があって15分くらいで行けると教えてくれた。

その人について、山を登っていく。

山頂に到着だ。

わずか155mなのに、汗だくだ(苦笑)

さらにいくつかピークがあるというので、ついていく。

次のピークは標高142mと少し低いが、ここに4等三角点が設置されていた。

さらに先に進む。

ここは東の展望台と呼ばれ、第二次世界大戦中に対空機関砲が設置されていたそうだ。

手作り感溢れる展望台に上がってみた。

眼下に医療センター、その先に梶ヶ森が見える。

梶ヶ森 ⇒ 車で山頂に行けるのに大展望が楽しめるお手軽登山
梶ヶ森とは 梶ヶ森(かじがもり)は、高知県長岡郡大豊町佐賀山(こうちけんながおかぐんおおとよちょうさがやま)にある山だ。 標高は1400...

下山

案内していただいたお礼を述べ、下山開始。

下山は最短コースという三里小学校に下りるルートを選択。

結構な急坂で、苦労した。

ロープがないと、ちょっと怖いくらいの斜度。

登山するつもりが全くなかったので、俺はサンダル履き(大汗;)

ツレはあまりにきついため、文句タラタラ。

それでもなんとか山頂からの登山道との合流地点までやってきた。

ここから生け垣に沿って下りていく。

階段が見えてきた。

階段を下りると、三里小学校の校舎の前。

なんとか無事に、車道まで下りてきた。

興隆寺

ここから、車道歩きとなる。

興隆寺に到着。

浄土真宗本願寺派のお寺だ。

さらに先に進み、大通りに出る。

その先のドラッグストアで、アイスクリームを買って一休み。

車まで戻って、帰宅した。

感想

実は、この山のことを全く知らなかった(汗;)

そのためサンダル履きのまま山に入ってしまい、案内してくれた方に「山をなめている」と叱られる。

全く、ぐうの音も出ない。

幸いケガもなく下山できたが、こういうことは気をつけないといけない。

反省。

大平山は低山だが、登りごたえもそれなりにあり景色もいい。

地元の人がベンチなどを整備してくれていて、快適に登ることができる。

ここは隠れた穴場スポットだ。

【VLOG】大平山(高知市十津)標高155mの低山ながらも太平洋を見渡せる大展望が楽しめる里山【とくチャンネル】GoPro MAXのHeroモードで撮影
合計距離: 6694 m
最高点の標高: 154 m
最低点の標高: 3 m
累積標高(上り): 239 m
累積標高(下り): -240 m
総所要時間: 02:47:32
Download file: 20200115_仁井田.gpx