ごはん処滝本 ⇒ 木の香りがしそうなきれいな店内でおいしいランチ

ごはん処滝本

ごはん処滝本とは

ごはん処滝本(ごはんどころたきもと)は、高知県南国市岡豊町(こうちけんなんこくしおこうちょう)にあるレストランだ。 2017年5月3日にオープンしたそうだ。
岡豊にある「ごはん処 滝本」で優しいランチをいただきました。|石ログ平均年齢が高めの客層といい、料理の内容といい、若者にはあまり向いていないごはん処でした。 がっつり食べたい人には全く向いてません。 優しい味が好みの人や、わたしみたいにダイエットしないといけない人にはいいかも?(笑) もう少し歳を重ねてから再来訪してみたいと思えるごはん処でした。
岡豊にある「ごはん処 滝本」で優しいランチをいただきました。|石ログから引用

駐車場

この日は自宅を車で出発し、ごはん処滝本にやってきた。 国道32号線沿いにある。 隣の喫茶店の看板が目立ちすぎて、一度は通り過ぎてしまった(汗;) 駐車場は広い。 お店に入る。

店内

店頭には「家庭料理・モーニング・ランチ」と書かれている。 入ったところに、日替わりメニュー。 店頭に出して置いた方がいいのに、と思うのは俺だけではないだろう。 入って右側にテーブル席。 左側に座敷がある。 掘りごたつなのが嬉しい。 木の香りがしそうだ。 ランプシェードも編み籠。 窓から庭が見えて、とても気持ちがいい。 トイレは水洗だが、温水便座ではない。 2つあり、左が男性、右が女性と別れているのは嬉しい。

メニュー

この日の日替わりランチは、豚の生姜焼きだ。 ボリュームが少ないと聞いていたが、全然そんなことはなく、むしろ俺にはオーバー気味だった。 サービスで、アイスケーキをごちそうしてもらった。 コーヒーと一緒にいただいた。 お店をあとにし、高知県立歴史民俗資料館に向かった。
高知県立歴史民俗資料館とは 高知県立歴史民俗資料館(こうちけんりつれきしみんぞくしりょうかん)とは、高知県南国市岡豊町(こうちけんなんこく...

感想

味はとても美味しく、ボリュームもある。 駐車場も広い。 オーナーも気さくで、気持ちよくランチをいただけた。 自宅から遠いのだけが難点だ。