雪蹊寺 ⇒ 長曾我部ゆかりの寺は史跡に満ちる(第33番札所)

雪蹊寺

雪蹊寺とは

高福山高福院雪蹊寺(せっけいじ)は高知県高知市長浜にある第33番札所だ。 臨済宗妙心寺派で、薬師如来を本尊とする。

遍路道を歩く

この日は種間寺から徒歩で雪蹊寺を目指した。
種間寺とは 本尾山朱雀院種間寺(たねまじ)は高知県高知市春野町にある真言宗豊山派の札所だ。 薬師如来を本尊とする。 ...
へんろ道の道標を遡る。 田園を抜け切り通しを通ると、長浜だ。 この日は道路工事をしている最中だった。 まず、竃土神社に参拝する。 少し休憩し、雪蹊寺へ。

雪蹊寺

まず本堂で参拝。 まだ新しい。 薬師如来像は鎌倉時代の運慶の作だそうだ。 大師堂に参拝する。 境内には多くの社が鎮座する。 その他、長宗我部元親の長男である長宗我部信親の墓もある。

秦神社

隣には、秦神社(はだじんじゃ)が鎮座する。 長曾我部元親を祭神とする神社だ。 境内はとても広い。 最近のゲームブームで、武者姿がやたらイケメンだ(笑) 境内に、大坂夏の陣で処刑された長宗我部盛親の慰霊碑が新設されていた。 この裏山が、長浜城址だ。

若宮八幡宮

秦神社から徒歩で若宮八幡宮に向かう。 手水。 拝殿の右には、槍通す輪がある。 輪に願い事を書いてここに立っている槍に向かって投げ、輪が通れば願い事が叶うらしい。 鳥居はとても大きい。 旗印は長曾我部のものだ。 参道には公園があり、長曾我部元親の銅像が建っている。 なかなか凜々しい銅像だ。 いろいろな展示もある。 ここはどろんこ祭りの会場になっている。 参道はとても長い。 ようやく参道を出た。 史跡コースの看板。

海岸線を通り種間寺へ

このまま南進し、海岸を目指す。 花街道と呼ばれる海岸線の道を、種間寺まで戻った。

感想

雪蹊寺は秦神社に隣接し、その歴史からも一体となっている。 どちらも長曾我部元親にゆかりが深く、往時の繁栄が偲ばれる。 せっかく雪蹊寺に来たならば、元親が初陣に祈願した若宮八幡宮と併せ参拝して欲しい。 [sgpx gpx=”/wp-content/uploads/gpx/20180129_高知市春野町秋山.gpx”]