弥谷寺 ⇒ 長い階段を上り岩屋に作られた大師堂に参る(第71番札所)

弥谷寺

弥谷寺とは

剣五山千手院弥谷寺(いやだにじ)は、香川県三豊市にある真言宗善通寺派の寺だ。 第71番札所で、本尊は千手観世音菩薩。 540段の階段を上らないといけないため、かなり覚悟が必要なお寺だ。 また帰る時に振り返ってはいけないと伝わる。

駐車場へ

この日は善通寺に参拝してから、弥谷寺に向かった。
善通寺とは 五岳山誕生院善通寺(ぜんつうじ)は、香川県善通寺市にある真言宗善通寺派の寺だ。 第75番札所で、本尊は薬師如来。 弘法...
山道を登り、駐車場に到着。 ここから登り道だ。 地図。 なかなか手強そうだ。 お城もあったようだ。 険しいので、バスも走っている。 足の悪い人などは、バスを利用すると良い。

長い登り道

いよいよ寺に向かう。 売店があった。 俳句茶屋といい、たくさんの俳句がかかっている。 山門に到着。 巨大な草鞋がかかっている。 長い石段が続く。 たまらず、観音様の前で休憩する。 ようやく百八階段まで来た。 この頃にはヘトヘトだ。 煩悩も簡単に落ちていきそうだ。 ようやく大師堂に到着。 この上が大師堂だ。 しかし本堂は、さらに階段を上らないといけない。 修行のようだ。 湧水がある。 この湧水は枯れたことが無いそうだ。 あと少し。 磨崖仏を見ながら登っていく。

参拝

ようやく本堂に到着だ。 まるで登山のようだった。 シャガが咲いていた。 景色も素晴らしい。 参拝を終え、大師堂に向かう。 靴を脱いで大師堂に入る。 岩屋を使ったお寺だ。 しばらく堂内でゆっくりした。

感想

登るのは大変だが、それに見合うだけの趣がある。 特に大師堂奥の獅子の岩屋は必見。 弘法大師の修行が垣間見えるようだ。