龍野の街巡り ⇒ 揖保川の恵みを感じる城下町

龍野市

龍野とは

龍野とは、兵庫県たつの市のことだ。 四国から高速道路で関西方面に向かう際には、ここを通ることが多い。 実は高速道路で通るだけで、高速道路を下りたことは一度もない。 今回、全く予備知識無しで訪れてみた。

街並み

この日は近くのモーテルに宿泊していた。 車でモーテルを出発、市街地にある駐車場に向かった。 観光案内板。 川向かいに、ヒガシマル醤油の工場が見える。 かすかに醤油の香りも漂ってきていた。 駐車場から市街地に向け歩いて行く。 水路沿いの気持ちのいい道だ。 すぐに古い街並みが広がる。 昭和にタイムスリップしたようだ。 たつの市は桜が美しいことで知られるが、この日はまだ桜に早く、梅が咲いている状態だった。

ヒガシマル醤油

ヒガシマル醤油に到着。 わざわざ「うすくち」と書かれている。 レンガ造りの建物。 醤油資料館だ。 まず、ビデオで概要を見る。 思ったより広い。 看板に歴史を感じる。 奥に行くと、醤油造りに使う道具が展示されている。

散策

向かいの本行寺に参拝。 きれいなお寺だ。 往時の隆盛が偲ばれる。 旧地名図。 その先に如来寺。 大正ロマン舘。 1880年の建物だそうだ。 三木露風の生家。 赤とんぼだけに、赤い鎧が飾られていた。 きれいに維持されている。 庭も見える。

龍野城

龍野城への道。 花がきれいだ。 鎧が展示されている。 復元だが、趣がある。 坂道を下る。 三木露風の旧邸跡。

龍野神社

石段を登る。 桜は全く咲いていなくて、残念だ。 満開になると、さぞ美しいだろう。 ようやく拝殿に到着。 祭神は、建安治主大神(けんやすはるぬしのおおかみ)だ。 その先に、野見宿禰神社(のみのすくねじんじゃ) が鎮座する。 登るのが大変そうなので、ここで合掌する。 聚遠亭(しゅうえんてい) かなり広い。 ここでお茶を頂きたいものだ。 別館。 床下が見えるようになっている。 抜け穴だったらしい。

そうめんの里

駐車場に戻り、車でそうめんの里に向かう。 とても大きな建物で、遠くからでも目立つ。 お昼時ということもあり、車も多い。 レストランに直行。 店内から中庭が見える。 鯛そうめんにした。 鯛がアラ煮なのに驚いた。 四国では塩焼きが普通なので、とても珍しかった。 食後、そうめんを土産に買う。 工場見学はしなかった。

感想

交易の要衝として古くから栄えただけあり、街並みが美しかった。 のんびり散策するにも安心できる町だ。 次回はぜひ桜が満開の時に訪れたい。
Total distance: 1066 m
Max elevation: 37 m
Min elevation: 25 m
Total climbing: 20 m
Total descent: -17 m
Total time: 00:41:17
Download