北海道一覧

ピラオロ展望台/北海道佐呂間町【サロマ湖】無料で入れる眺望ポイント

ピラオロ展望台は、北海道常呂郡佐呂間町にある展望台だ。サロマ湖を見渡せる。「ピラオロ」とはアイヌ語の「ピラ・オロ=草の生えない崖・あるところ」を意味するという。ただ眺望はサロマ湖展望台の方が標高がある分よかった。

記事を読む

道の駅サロマ湖/北海道佐呂間町【ランチ】ホタテカレーとホタテ刺身でホタテづくしランチ

道の駅サロマ湖は、北海道常呂郡佐呂間町浪速にある道の駅だ。おじいはホタテカレー。ホタテの刺身。サロマ湖は、北海道ホタテ養殖発祥の地だ。ルーはよくある普通の味なんですが、やっぱりホタテの味が利いてますね。道の駅を出て、上の公園を歩いた。

記事を読む

サロマ湖ワッカネイチャーセンター/北海道北見市【ワッカ原生花園】サロマ湖沿いの砂嘴に広がる湿原

サロマ湖ワッカネイチャーセンターは、北海道北見市常呂町栄浦にある情報施設だ。ワッカ原生花園にあり、レンタサイクルなどがある。ここからサロマ湖の砂嘴を歩いて行く遊歩道が続いている。なんと4.5kmもあるようだ

記事を読む

ところ道の市/北海道北見市【海鮮市場】ホタテコロッケとホタテ入りやみつき饅頭で腹ごしらえ

ところ道の市は、北海道北見市常呂町岐阜にある活ホタテ、活カキなどを販売する、オホーツク管内最大級の海鮮市場だ。ホタテが一盛りなんと680円。ホタテコロッケ、やみつき饅頭を購入。帆立の貝柱が丸ごと1個入っている

記事を読む

卯原内サンゴ草群落地/北海道網走市【網走国定公園】日本一のサンゴ草群落地

卯原内サンゴ草群落地は、北海道網走市卯原内にある公園だ。網走国定公園にあり、日本最大とされるサンゴ草(アッケシソウ)の群落がある。ヒユ科に属する一年性草本で、北海道の厚岸で発見されたことからこの名がついた。前回来た時はちょうど赤く染まった時期で、サンゴ草を楽しめた。

記事を読む

能取岬/北海道網走市【網走国定公園】オホーツク海を見渡す映画ロケに使われる絶景ポイント

能取岬は、北海道網走市美岬にある岬だ。網走国定公園に属する。ここは映画のロケ地として、多くの映画に登場している。周回できるように遊歩道が続いている。オホーツクの塔〜能取岬灯台まで周回した。

記事を読む

小清水原生花園/北海道小清水町【網走国定公園】ラムサール条約登録湿地濤沸湖に木道ができていた

小清水原生花園は、北海道斜里郡小清水町にある原生花園だ。JRの原生花園駅が可愛い。エゾカンゾウが少し咲いているが、思ったより花が少ない。海岸の砂は「鳴き砂」で、日本最北だという。濤沸湖に突き出た木道を歩いた。

記事を読む

斜里岳/北海道清里町【日本百名山47座目】渡渉の連続。さらに緊急事態発生で危機的状況に

斜里岳は北海道斜里郡清里町江南にある日本百名山だ。標高は1,547m。清岳荘から登山開始。渡渉を繰り返し沢登りをしながら高度を上げていく。途中で熱中症になり、ボロボロになりながらも、なんとか山頂へ。12時間以上かかって、下山した。

記事を読む

道の駅パパスランドさっつる/北海道清里町【車中泊】温泉付きで超快適。斜里岳登山の基地として2連泊

道の駅パパスランドさっつるは、北海道斜里郡清里町神威にある道の駅だ。「パパス」とは、スペイン語で「ジャガイモ」のことだという。清里町はジャガイモ生産量が日本6位だそうだトイレは温水便座しかも男子トイレに個室が2つあるのが嬉しい。館内には清里町出身の岡崎朋美選手のユニホームなどが展示されていた。温浴施設は450円と安く、嬉しい

記事を読む

北海道斜里郡清里町【ドライブ】宇宙展望台〜江南パークゴルフ場〜いっぽんの道

宇宙展望台は、北海道斜里郡清里町江南にある公園だ。ここから明日登る斜里岳が正面に見える。その下に、清里オートキャンプ場がある。農村景観百選に選ばれている。白樺並木から斜里岳というアングルで撮影できた。いっぽんの道はオホーツク海までまっすぐに伸びている。

記事を読む

天に続く道/北海道斜里町【ドライブ】全長約18kmの直線道路が地平線まで続く〜きよさと情報交流施設「きよ~る」

天に続く道は、北海道斜里郡斜里町字朱円東にある道路だ。全長約18kmの直線道路が地平線まで続き、まるで天に続いているかのように見えることから名付けられた。この道を走り、きよさと情報交流施設「きよ~る」にやってきた。清里町はじゃがいも焼酎で有名だ。ジャガイモ生産量が日本6位だそうだ

記事を読む

オシンコシンの滝/北海道斜里町【日本の滝百選】お手軽に見られる落差約30mの知床八景になっている名瀑

オシンコシンの滝は、北海道斜里郡斜里町ウトロ西にある滝だ。チャラッセナイ川に流れる落差約30mの滝で、日本の滝百選、知床八景に選ばれている。途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれている

記事を読む

ウトロ【ウォーキング】道の駅うとろ・シリエトク〜オロンコ岩〜ウトロ崎〜ゴジラ岩〜ボンズホーム【ランチ】〜知床世界遺産センター

道の駅うとろ・シリエトク〜オロンコ岩〜ウトロ崎〜ゴジラ岩〜ボンズホーム〜知床世界遺産センターとウォーキング。ボンズホームではジャガイモカレーとジャガイモのチーズ焼きでランチ。オロンコ岩には登れなかった。

記事を読む

知床自然センター/北海道斜里町【ウォーキング】フレペの滝は「乙女の涙」と呼ばれる落差60mの絶景ポイント

知床自然センターは、北海道斜里郡斜里町遠音別村にある情報施設だ。喫茶店とアウトドアショップがある。しばらくは国道334号線を歩いて行く。フレペの滝は川がなく、地下に浸透した水が断崖の割れ目から流れ落ちているそうだ。落差60mあり「乙女の涙」ともいわれている

記事を読む

知床サライ/北海道羅臼町【ホテル】イタリアンフルコースディナーを白ワインでいただくオシャレなゲストハウス

知床サライは、北海道目梨郡羅臼町礼文町にあるホテルだ。国道335号線沿いで、5台ほど停められそうな駐車場がある。ツインベッドルームでユニットバス。枕元にUSB付きのコンセントがある。夕食はイタリアンのフルコース。朝食はビュッフェ形式だ。

記事を読む

北海道羅臼町【ドライブ】羅臼国後展望塔〜道の駅知床・らうす〜ルサフィールドハウス〜日本最北東突端地〜相泊温泉、瀬石温泉〜クジラの見える丘公園

羅臼国後展望塔〜道の駅知床・らうす〜ルサフィールドハウス〜日本最北東突端地〜相泊温泉、瀬石温泉〜クジラの見える丘公園と羅臼町をドライブした。残念ながら雲がかかって国後島は見えないが、海や町は楽しめた。

記事を読む

羅臼町郷土資料館/北海道羅臼町【博物館】日本最大のヒカリゴケ自生地の本物を見られる

羅臼町郷土資料館は、北海道目梨郡羅臼町峯浜町にある博物館だ。マッカウス洞窟は国内最大級のヒカリゴケ自生地で、展示されている。7~8世紀頃のオホーツク文化の集落跡より出土した260点が展示されている。2階には映画「地の涯に生きる者」で森繁久弥が「しれとこ旅情」を歌って大ヒットしたパネル展がある

記事を読む

ポー川史跡自然公園/北海道標津町【史跡】日本最大の縄文集落がある遺跡の森

ポー川史跡自然公園は、北海道標津郡標津町伊茶仁ある公園だ。国の史跡になっている伊茶仁カリカリウス遺跡があり、4400軒の竪穴住居跡が発見されている単一の遺跡としては日本最大の縄文集落だそうだ。無料のビジターセンターに入ってみた

記事を読む

そば処福住総本店/北海道標津町【ランチ】美しい更科蕎麦とタワーのようなエビ天丼

そば処福住総本店は、北海道標津郡標津町にある蕎麦店だ。昭和26年に創業し、現在では3店舗を営業しているという。おばあは海天丼。おじいは、とじホタテ蕎麦1,300円。蕎麦は更科蕎麦で、きれいだ。

記事を読む

野付半島/北海道別海町【後編】トドワラ〜野付埼灯台

野付半島ネイチャーセンターからトドワラ遊歩道を歩いた。数多くの花々が見られる事から、通称『フラワーロード』とも呼ばれる。別海十景で、ラムサール条約登録湿地に登録されている。道道950号線を進み、野付埼灯台も見てきた。

記事を読む