飛龍の滝 ⇒ 仁淀ブルーを彩るファミリー向けの滝

飛龍の滝

飛龍の滝とは

飛龍の滝は、 高知県吾川郡仁淀川町宮ケ平(あがわぐんによどがわちょうみやがだいら)にある滝だ。

ここは安居渓谷の中にあり、度々訪れている。

安居渓谷⇒仁淀ブルーがまぶしい紅葉の名所で滝巡り

駐車場

この日はまず、みかえりの滝を訪れた。

みかえりの滝 ⇒ 千仞峡に流れ込む仁淀ブルーを代表する滝

その後、安居渓谷にやってきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

まずはトイレへ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

仁淀ブルーのポスターが貼られている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

水が豊かなはずだが水洗ではない。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

このへんは残念だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

散策

駐車場から、飛龍の滝に向かって歩いて行く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

この日は宝来荘はお休みだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

宝来荘⇒仁淀ブルーを眺めながら鮎の塩焼きに舌鼓

新しい看板ができていた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

宝来荘の下をくぐり抜ける。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

安居川を見下ろす。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

振り返って建物を見上げる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

吊り橋をくぐる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここから遊歩道が続く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

豪快な渓谷美。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

しかしこの道は途中で途切れていて、いったん車道に上がらないといけないのが残念だ。

お弁当を広げている人も。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

車道から、再び河原に下りる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

乙女河原だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここは安居渓谷で一番河原が広い場所で、バーベキュー施設もある。

安居渓谷県立自然公園 | によどがわ.TV|高知県 仁淀川町観光ポータルサイト | 仁淀川町観光ポータルサイト渓谷内に広がる憩いの河原。安居渓谷内唯一の広い河原で、観光客の憩いの場としても昔から親しまれてきた河原です。飛龍の滝へ続く遊歩道の入り口ともなっています。 2本の川が合流する河原にたたずめば、青い川石と透明な流れに心身が浄化されてゆくよう。休憩所から降りて小さな沈下橋を渡れば、遊歩道の入り口です。

安居渓谷県立自然公園 | によどがわ.TV|高知県 仁淀川町観光ポータルサイト | 仁淀川町観光ポータルサイトから引用

川がきれいだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

飛龍の滝に向かう

乙女河原から川を渡って、飛龍の滝に向かう。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos
New photo by 徳弘効三 / Google Photos

案内看板もあり、安心だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

整備された遊歩道が続く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

途中に突然裸婦像があって、ちょっと驚く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

山紫水明の象徴と言うことだが、違和感ありまくり。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

途中で橋を渡ったり

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

変化に富んだ遊歩道だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

もう一度橋を渡り返すと、すぐに飛龍の滝がある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

飛龍の滝

飛龍の滝に到着だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

2段に分かれている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここでしばらく滝を眺めながらくつろいだ。

マイナスイオンのせいか、とても気持ちがいい場所だ。

10連休明けと言うこともあり、すれ違ったのは1組のカップルだけだった。

もみじ公園

飛龍の滝を後にし、乙女河原まで戻ってきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

車道を戻り、吊り橋まで戻ってきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

逢来橋といい、宝来荘と字が違うのが面白い。

ここは紅葉シーズンは絶好のインスタ映えポイントだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

で、このまま帰るつもりだったのだが、あまりにも気持ちがいい日なので、車でもう少し先まで行くことにした。

まずはもみじ公園へ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

赤く色づいた楓がある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

こういう品種があるようだ。

もみじ出猩々(デショウジョウ) / 盆栽、多肉植物、塊根植物、観葉植物通販/KIDORI -キドリ-もみじ盆栽の中でも特に人気のある出猩々もみじ。
春と秋の二度、花を上回るくらい紅く美しい姿を披露してくれます。
出猩々(でしょうじょう)もみじの最大の魅力はこの新葉の鮮やかな赤です。
赤い葉の色は日々変化をし、5月にはしっかりとしたシャープな葉形でとても爽やかな緑色へと変わります。

もみじ出猩々(デショウジョウ) / 盆栽、多肉植物、塊根植物、観葉植物通販/KIDORI -キドリ-から引用

太鼓橋まで下りてみた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

散歩にちょうどいい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

とうろく様

さらに車で進み、とうろく様へ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

安産の神様だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

妊婦を守るために100匹のオオカミに襲われながらも99匹のオオカミに立ち向かい倒したが、最後の1匹に皆食い殺されたという伝説が残る。

とうろく様ここにはその昔、妊婦を守るためオオカミと戦った男を祀っています。

とうろく様から引用

銅山の記念碑も建っている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

参拝する。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

内部はこんな感じ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

安居渓谷に来ると、だいたいここに参拝して終了と言うことにしている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

背龍の滝

車で戻る途中、背龍の滝に立ち寄る。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

安居渓谷県立自然公園 | によどがわ.TV|高知県 仁淀川町観光ポータルサイト | 仁淀川町観光ポータルサイト道路脇に落ちる手が届きそうな背龍の滝。安居渓谷を車で走ると、もみじ公園ととうろく様の間に背龍の滝があります。大きな滝ではありませんが、県道安居公園線沿いにあるため、雨上がりには滝のすぐそばでその水しぶきを感じることが出来ます。

安居渓谷県立自然公園 | によどがわ.TV|高知県 仁淀川町観光ポータルサイト | 仁淀川町観光ポータルサイトから引用

滝に気を取られがちだが、この場所はかなりの絶壁の上。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

しかも周囲の岩はオーバーハングしていたりして、かなりのスリルがある場所だ。

この滝は車道沿いに見えるのだが、晴れが続くと滝がなくなってしまう。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

高知アイスへ

安居渓谷を後にし、国道194号線で帰宅する。

途中の高知アイス売店に立ち寄った。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

高知アイス売店⇒悪魔のようなスイーツの誘惑に君は打ち勝てるか?

なんか以前とメニューが変わったような。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

お約束のソフトクリームで休憩した。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

感想

いつ来ても素晴らしい眺めを楽しめる滝だ。

アクセスも良く子供でも安心してたどり着けるので、家族連れにもおすすめできる。

そこそこ迫力もあるので、喜ぶこと間違いない。