天狗高原セラピーロード ⇒ 真夏でも歩ける標高1400mの遊歩道

天狗高原セラピーロード

天狗高原セラピーロードとは

天狗高原セラピーロード(てんぐこうげんせらぴーろーど)は、高知県高岡郡津野町芳生野(こうちけんたかおかぐんつのちょうよしうの)にある遊歩道だ。
四国カルスト天狗高原セラピーロード | 高知県の観光情報ガイド「よさこいネット」標高約1,400m、東西約25Kmに広がる四国カルスト天狗高原は、日本三大カルストの一つ。 高原ふれあいの家「天狗荘」から東へ「大引割・小引割」まで続く片道4.5kmの道には、地元産ヒノキチップが敷き詰められ、膝や足に負担がかからないセラピーロードとして好評。全部で4コースあり、体力にあったメニューが選択できる。 森林セラピー基地認定の「森の案内人」や森林セラピーガイドが森の魅力や樹木、動植物、地元の歴史や文化などの紹介をする有料のガイドツアーもあります。
四国カルスト天狗高原セラピーロード | 高知県の観光情報ガイド「よさこいネット」から引用
特定非営利活動法人森林セラピーソサエティから、セラピーロードとして認定を受けている。 セラピーロードとは、生理・心理実験によって癒しの効果が実証され、森林セラピーに適した道として認定されたロードと規定されている。
認定の森|森林セラピー総合サイト森林セラピーロードとは 生理・心理実験によって癒しの効果が実証され、森林セラピーに適した道として認定されたロードのことです。 登山道との大きな違いは、森での時間を過ごすことを重要視している点です。 広場、ベンチ、トイレ、休憩施設などを十分に配置し、ゆっくりと森を楽しむことができます。
認定の森|森林セラピー総合サイトから引用
とても気持ちのいい道なので、たびたび歩いている。
天狗高原セラピーロードとは 天狗高原は、高知県高岡郡津野町にある山だ。 標高は1,500mほどの高原で、日本三大カルストのひとつとされる...
天狗高原は、標高1400mのカルスト台地だ。
天狗高原とは 天狗高原(てんぐこうげん)は日本三大カルストのひとつ。 標高1,500mほどの高原で、スキー場もある。 ...

駐車場

この日は道の駅布施ヶ坂に立ち寄った。
道の駅布施ヶ坂とは 道の駅布施ヶ坂(みちのえきふせがさか)は、高知県高岡郡津野町船戸小宮谷(こうちけんたかおかぐんつのちょうふなとこみやだ...
その後、天狗高原にやってきた。 天狗荘の前の駐車場は、とても広い。 困ることはないだろう。 案内看板。 津野町の案内看板。

セラピーロードへ

天狗荘でトイレを借りた後、セラピーロードに向かう。 この道は大引割、小引割まで続いているのだが、既に2時半を過ぎていたので、途中の合流点までのピストンで行くことにした。 ウッドチップが敷き詰められて、ふかふかの道だ。 歩いていても、気持ちがいい。 木漏れ日も、美しい。

休憩

しかし標高1400mとはいえ暑いので、途中のベンチで休憩。 花を見ながらゆっくりする。 まあ、疲れたいいわけだが(汗;) こうしたベンチが何カ所もあるので、楽に歩ける。

セラピー効果

セラピーに関する説明看板も、設置されている。 なんだか、本当に身体にいい気がしてくるから不思議だ。 木々の緑も、濃く感じる。

登山道

このコースは山頂コースと何カ所かでつながっている。 前回は山頂コースを行ったが、セラピーロードをのんびり歩くのもいいものだ。 このコースはほぼ水平なので、子供でも安心だ。 サルノコシカケを発見。

折り返し地点

1時間ほどで、目的の合流地点に到着。 気持ちのいい汗をかいた。 大引割、小引割まではまだ片道30分ほどかかるので、今回はここで引き返す。 元来た道を戻る。 帰りは微妙に登りなので、意外と疲れた。 駐車場まで戻ってきたら、4時半だった。 ちょうど2時間の散策となった。 この日は天狗荘で宿泊だ。
天狗荘とは 天狗荘(てんぐそう)は、高知県高岡郡津野町芳生野乙(こうちけんたかおかぐんつのちょうよしうのおつ)にあるホテルだ。 ...

感想

何度も歩いている道だが、本当に気持ちがいい。 ほぼ水平なので、子供やお年寄りでも安心して歩ける。 道もいいので、スニーカーで十分だ。 この日は2019年8月8日でとても暑い日だったので汗をかいたが、標高1400mなので夏でも十分に歩ける。 夏に歩きたいなら、ここがイチオシだ。
合計距離: 6400 m
最高点の標高: 1374 m
最低点の標高: 1233 m
累積標高(上り): 196 m
累積標高(下り): -180 m
総所要時間: 02:44:36
Download file: 20190808_天狗高原.gpx